« 秋の気配も | トップページ | ダイヤ改定 »

2006年9月 3日 (日)

生まれる前に

いつも聞いてる名古屋のラジオ局のネット版、だだくさ話(雑談)の中でへぇと思う事を話してた。

このパーソナリティは仏教系の高校、大学を出とるんやけど、彼が言うには、子供は親の意思で生まれるんやない、実は子供の方から願書のようなものを神様に提出して、誰其夫婦の間の子供として、苦労させて下さいとお願いするんだそうです。

だから人間て生きている間は、何がしか苦労するんだということ。

ふうん、そうかもね。

人間生きとると、辛い事、苦しい事など思うようにならん事が多いですね。

でも自分だけやない、皆そうなんや、順風満帆なやつなんて実は居ない、その裏では…ね。

自分だけが、なんて上見て人と比べるのはやめた。

もっともっと辛いめに苦しいめに遭うてる人がいっぱいおるやん。

現状を幸せに思わなアカンわけですわ。

健康でいられるだけで幸せ、そう思える「大人」にならなければ。

o(^-^)o

|

« 秋の気配も | トップページ | ダイヤ改定 »