« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

出張

高校の同級生、県職のはっしゃんが昨日から出張で東京に来とる。

今晩も泊まって明日の新幹線で帰るて言うんで、今日は三鷹まで来てもろた。

三、四年振り位かな。

老けたなぁ(笑)。

練習帰りにY岡さんと寄るいつもの空いた居酒屋。

津市民から見ても、この空きようは異常なようで、「金曜七時半てピークやぞ」。

せやよなぁ。

しばらく他愛もない話をして、ちょっと武道館を案内し、ていうか自転車を取りに行ったんやけど、腹こなしにちょっと散歩して駅に向かう。

じきに東西線の電車があったんで、彼はそれで帰った。

腹いっぱい、チャリ漕いで更に腹ごなし。

う〜ん、まだ苦しい、ちと食い過ぎた!

(((^^;)

|

2006年6月29日 (木)

救急車

今日は、よぉ見掛けた。

朝、電車降りて会社に向かうまでに三台。

たぶん吉祥寺通りのK大学病院へ向かったに違いない。

帰りにも一台。

永山を降りてチャリで帰る途中で一台追い抜いていった。

するとうちのマンション前にさっきの救急車が停まってる。

何や何や!

急に野次馬(笑)。

なんやら大したことやないみたい、おっさんら笑ろとる。

ま、よかったか。

でも救急車、よお見た一日やったわ。

ナンバーズ、119買うか(笑)!

|

2006年6月28日 (水)

ちゃれんじ、お休み

今日は水曜日、練習の日やったんやけど、専務、常務の歓送迎会(会社主催)があったんで、あらかじめ先生に連絡して休ませてもろた。

専務は7年間、常務は1年間お世話になった。

いよいよ今日でお別れです。

会では専務が一升瓶持って話に来てくれたし、常務も酒を手に暫く話をしてくれた。

名残惜しいなあ。

常務が戻られるトコは、まだおつきあいが続くトコなんで、これからもひとつよろしくお願いします。

m(__)m

会が終わって、道場に向かってみた。

いつもの延長戦の部屋は電気が消えとるし、駐車場にも先生の車はない。

今日は早く帰られたらしい。

ワシもチャリをUターンして帰ったのでありました。

|

2006年6月27日 (火)

研修二日目

なんとなく都心へ通う人の大変さが解ってきたように思う。

昼飯も勝手が違う。

ビルテナントは色々入ってるけど、どこも高いし、並んでる。

隣のビルのO戸屋へ、伏せ字になってないけど。

混んでたけど、一人やし、カウンターにすぐ案内された。

ランチを注文して暫くすると、向かいに二人組が来てランチを頼んだ。

待てども待てどもランチが来ない。

「お待たせしました」

後から来た二人のランチが先に来た。

おいおい、ちょっと待てよ。

持ってきた姉ちゃんに文句言うた。

「先に頼んでんだけど」

「申し訳ありません、少々お待ちください」

その二三分後やっと持ってきた。

忘れられとったんかと伝票見ても、ちゃんと入店時刻は12時10分。

どないなっとんねん。

不味いランチになった。

とほほ。

|

2006年6月26日 (月)

外勤

今日は研修で、一日新宿におった。

朝、少し早く出て、混雑する急行、通勤快速を避け、各停に乗った。

昼間は30分かからない、永山-新宿間が一時間五分かかった。

調布から座れたんで、苦にはならんだ。

それも計算済みやったんで、少し早めに到着、時間調整の「朝マック」です。

さて、ビルの36階が会場、いつもと景色が違う。

天気が悪いんで、池袋のサンシャインより遠くは見えない。

研修もそつなくこなし(笑)、少しだけ仕事をと三鷹に戻る。

すると、あれもこれもと結局22時…。

さっき晩飯食うた定食屋のスポーツ新聞の占い欄、「仕事運、今年前半最大の厄日」、なるほど、当たっとるかも…。

ちぇっ、明日は絶対直帰するぞ!

|

2006年6月25日 (日)

ちゃれんじ#特別練習三回目

今日も特別練習、三回目にして初めてチャリで行った。

つまり降ってない、てこと。

今週半ば以降、中学生は「期末試験」、参加者は先週までの半分以下。

こぢんまり(笑)。

中学生二組を先生が、ワシとY口さんをA山さんが見てくれた。

昨日までの復習デス。

A山さんも「自分が審判ならこういうトコ見るね」とアドバイスをしてくれた。

ふむふむ。

Y口さんも色々と研究。

5月よりは随分サマになってきたかな…。

まだまだ直すトコはありますが。

あと三週間、頑張ります。

その後には合宿が待ってマス!

|

2006年6月24日 (土)

ちゃれんじ#122

五時に到着、すでに先生の車がある、がっ、姿が見えず。

あら、先生早や、なんて速攻で福祉会館三階へ賭け上がる。

あれ?おらへん。

下に降りたら、体育館の方から歩いてくるのが見えた。

挨拶して、荷物を運ぶ。

久しぶりの福祉会館。

さて、今日も基本をやってから分割、非都大会組を見るS藤さんのお手伝い。

後半はY口さんと、都大会演武の練習。

今日はM上さんが見てくれた。

A山さんとはまた違った切口で見てくれた。

ここでアクシデント発生!

大袈裟な…。

左手親指の付け根付近と右足親指の爪から「出血」。

痛みは無かったんやけどな〜、気ぃ付かへんだ(笑)。

手は爪が引っ掛かった擦り傷、足は親指の爪が1/3位の所に筋が入ってて割れたみたい。

ちゃんと爪を切っとかへんだのが悪いんやけど。

Y口さんが絆創膏をくれ、しかもテーピングまでしてくれた。

m(__)mありがとうございます。

さて、再開再開。

M上さんは審判の視点で、我々の演武を見てくれた。

練習終了。

外に出ると夜風が気持ち良い!

気分爽快であります。

明日も午前中、三中で特練デス。

p(^^)q

|

2006年6月23日 (金)

飲み会

今日は、今週から松山から出向に来てくれているN君の歓迎会。

前にY岡さんと「気になるね〜」なんて言いながら一度一緒に行った日向地鶏の店。

色んなバリエーションがあり、旨かった!

Y岡さん、メニューの内容が分かったから、また行きましょうね!

(^^ゞ

|

2006年6月22日 (木)

天気予報

梅雨の最中、雨が降るんは当たり前。

しかし天気予報はどうやら難しいらしい。

昨日も今日も「曇」予報が、降りやがった。

しかも、出勤時間帯のみ。

着いてから降り出すみたいに、逆やとかまわんねやけど。

微妙な予報を出すんやろな、気象庁のスーパーコンピューター。

しばらく続くみたい、こんな天気。

外れるんやったら、雨予報が降らへんとかええ方へ転んで欲しいわ(笑)。

|

2006年6月21日 (水)

ちゃれんじ#121

課長は出張、しめしめ、ソッコーで会社脱出!

仕事はちゃんとしてまっせ(笑)。

今日も始まる前、H田兄弟の遊び相手…。

肩車をせがまれた。

さて、練習開始。

今日は最初に二三、技をやってその後基本。

また皆の前に立つ。

(^^ゞだいぶ慣れてきた。

さて基本の突き、蹴り、天地拳第一系に加え、今日は第二系もやった。

中学生がいたので、K島に前に並んでもらい一緒にやってもらう。

号令も練習だよとやってもろた。

やっぱり黄帯たちが途中でふざけ出す。

緑帯がしっかりしてるように見えてくる。

黄帯と並ぶとやけど。

そんなこんなで年少部終了。

ワシが作った都大会のお知らせを配る。

後半は一級技をお手伝い。

振突が旨いこといかへん…。

何とか終了、別室で延長戦に突入。

今日はY岡さんがいない、S藤さんと先生と三人。

二段技「引胸落」。

初段技の「片胸落」から復習。

丁寧にやってみた。

理屈も教わった。

またまたアッと言う間に終了。

夜風が心地好い、がっ、またポツポツきたで〜。

チャリを飛ばして駅に向かったのでありました。

心地好いていうか「気持ち良い」、腹の底から。

うまいことよぉ表現せんけど。

自然にスマイル。

(*^^*)

|

2006年6月20日 (火)

ロンドンへ

ワシではない。

こないだ親父から姪のM(中2、少林寺拳法三級デス)が、夏休みにロンドンの親戚の家に遊びに行くかも、てな話を聞いた。

親戚ったって、チト遠いんやけど。

三重に住むワシのいとこの旦那(M.S、愛称マッちゃん)がロンドン出身、彼ら夫婦と子供が日本風に言うといわゆる「帰省」するのに一緒に連れてってもらうらしい。

彼の両親も夏休み、二人ともオーストラリアに遊びに行ってて家が空いてるから、と言う理由で「どう?」って声をかけられたそうな。

「どう?」って、近鉄電車で名古屋のおばちゃんトコ行くのとワケが違う。

両親もバカンスでオーストラリアって、ワールドワイド。

しかし伜一家がニッポンから帰省するちゅうのにバカンスかい(笑)。

でま、ええか、でもうらやましいなあ。

言葉なんて何とかなるねん、通訳おるし(笑)。

井の中のナントカから脱却、見聞を広めて来てくれたらええなぁ。

未だにニッポンを出たことがない、ワシ…。

ワシも「連れて」って〜。

(^_^;)))

|

2006年6月19日 (月)

ケータイ短歌

たまたまNHKラジオのHPで「ケータイ短歌」てのを発見。

テーマは「家族」。

考えてみた。

できた!

『父の背にまだ追い付けず黒帯の流汗悟道四十の夏に』

お粗末っ(笑)!

(*^^*)

|

2006年6月18日 (日)

通算1000号

とうとうきました、これが1000回目のブログ。

少林寺拳法に入門する前、2004年5月に始め、休みなしに二年以上たちました。

その間に40歳を迎え、お陰さまで黒帯を手にし…、これまでと違う二年間でした。

まだまだこれからも続きます、ここまできたら行くとこまで行け、みたいな感じです。

今後ともひとつよろしくお願いします。

(^^ゞ

|

ちゃれんじ#特別練習二回目

今日も早起きして三中へ。

予告通り「朝マック」、ガラガラ。

先週と同じく雨降り、電車もバスも座れた。

お、今日は一番乗りや。

Eちゃん、先生、Rちゃんの順に到着。

今日はRちゃんとH君、S君とCの年少部二組も参加デス。

中学生は例の広いホールへ。

多目的室は年少二組とワシとY口さんをA山さんが見てくれた。

ワシらは自分らで練習を進めるが、大変なんはA山さん。

一年生から四年生の四人、集中力が続かない。

低学年やからしゃあないか…。

特に一年と二年のCとSの組は、「ホントに当たった」とか「ちゃんとやれよ」とふざけっこからケンカに発展しそうになる。

(((^_^;)

幼稚園や小学校の先生の大変さがよおわかるわ(汗)。

そんなこんなで、自分の練習は先週の半分も出来てないかな。

なんとか終了…。

今日も久我山をまわり、井の頭線で帰った。

来週も急遽三中での練習が入るようです。

おっと、そおいえば今日は「父の日」やん。

そおいえば、って…。

(*_*)

|

2006年6月17日 (土)

ちゃれんじ#120

床屋でサッパリ、久々にプールでもと用意したけど、時間を読み違え、間に合わない。

先生はすでに到着、荷物を運ぶ。

さあ、今日も都大会組とそうでない組に分かれる。

そうでない組のお手伝い。

後半はY口さんと都大会演武の練習。

Y岡さんが見てくれた。

やはり細かいトコ直して、見た目良くしてくれるようや。

蒸し暑い!

練習中、二三回水分補給。

ウォータークーラーの水が旨い。

大汗かいた。

帰るとき降り始めた雨が、チャリに乗ってる間に本降りに…。

濡れたシャツが電車内の冷房で乾いてきた、風邪ひかんようにせな。

明日も朝から三中で特練デス。

朝マックいこ(笑)。

|

2006年6月16日 (金)

研修

今日、静岡のsugaさんが新人二人を「引率」して、我社に研修に来た。

以前、出向で来てくれ、三鷹に4年住んでた。

うちの会社も色々な意味で相当変わってたに違いない。

ある意味、浦島状態か。

このブログもよく読んでくれてるそうです。

夕方の新幹線で帰るとのこと、ゆっくり話も出来なかったデスね、またゆっくりと…。

(^-^ゞ

|

割り込み

朝から土砂降り。

電車から調布駅のロータリーとバスの大混雑が見えたので、しゃあない、つつじヶ丘からタクシーにした。

乗り場には、弦楽器のケースを持ったおっさん、おばちゃんらが十数人並んでた。

何人か一緒に乗るやろ。

中々車が来ない、イライラしはじめた。

後ろに並んでると、「おはようございます」と後から来たヤツが一人、二人とワシの前の団体に入っていく。

「おい、並んでるんだからさ、後ろに並べよ」

後から来たおっさん1「話してるだけじゃないですか」

最初から並んでたおばちゃん1「一緒に乗るんですよ、いいじゃないですか」

あほか!

ぶちっ!瞬間湯沸器点火。

「一緒に乗るんですって何人も合流したら、後ろがどんどん遅くなるだろ!そういうのを割込みって言うんだよ!」

さっきのおっさん1「話しちゃいけないんですか」

あきれた、小学生並の返事。

「だれが見ても割込みだろ!言われなきゃ乗るつもりだったんだろ!」

ワシ以外は女性が数人並んでた。

誰もよぉ言わんやろと、ワシが言うたったんやけど。

別のおっさん2「すみません、わかりました」と後から来たヤツらとワシの列の後ろに並びなおした。

それを見ていた同じ団体のおっさんが前の方でこっちみて笑ろとる。

「何がおかしいんだよ!」

そのおっさんも周りのおばちゃんも固まった。

なんて図々しいんやろ、程があるっちゅうねん。

たいがいにせぇ、恥ずかしないんか。

上品ぶっとっても、人間として質はサイテーやし、全員頭悪いの丸出しじゃ、ボケ!

朝から大声を出してしもた。

調布ならタク乗り場横が交番、面白かったのに。

かっこ悪かったなあ。

しかしろくな団体やない、あんな人間が、きれいな音楽を奏でるはずがない、絶対ありえない。

朝から気分悪いわ。

あれ、トーキョー弁で怒ってる…。

|

2006年6月15日 (木)

子から父へ

子から父へ贈る思いを漢字で表すと…。

どっかの会社が募集した。

一番は、「謝」。

感謝の「謝」、謝罪の「謝」、色々と意味がとれますな。

なんか納得。

|

2006年6月14日 (水)

ちゃれんじ#119

今日も終業のチャイム後すぐに道場へ向かう。

やはり大人は一人だけ。

先生は都大会に出る年少部を一組ずつ見るとのコトで残りを任された。

(((^^;)あら、大変。

皆の前に立ち、基本の突き、蹴りをやる。

それが正確にできるように二人組にして、手で的を作り練習。

蹴りもちゃんと膝が上がって蹴ってるか、前に相手を屈ませて蹴りを練習。

残りの時間は天地拳第一系、先週と同じく単演と相対。

子供らに「先生〜」と呼ばれ、照れ臭い(笑)。

(*^^*)まだ慣れてない…。

おいおい、今日もM野兄弟がケンカしとる。

「だってお兄ちゃんが〜」「だってこいつが」

「わかったわかった」、遅れてきたこの二人を組ませてたんやけど、相手を変えた。

暫くすると「先生、トイレが水浸しだよ」

あら、床がズブ濡れです。

後半始まる前に、雑巾で綺麗に拭いた。

作務ですな。

よし、綺麗になった!

後半は、一般見習いのN君に三級技を教える。

うん、こちらもこないだ総復習したばっか、何とかこなした。

さて、延長戦。

今日は演武の相手Y口さんが仕事で来られず、Y岡さんとS藤さんで二段技をやった。

ていうか一緒に「やってもろた」。

初の「二段」技、「巻落」や。

なんにも先入観が無いので、素直に受け入れるコトができた。

色々と技の研究しながらの延長戦は、アッと言うまに終わった。

さあ、始まったで〜、次への「ちゃれんじ」。

(^^)v

|

2006年6月13日 (火)

都連ホムペに

6/4付け昇格昇段者名簿が載りました。

パソコンから

http://www.shorinjikempo-toren.com/

を開き、左のメニューから「昇格昇段名簿」をクリックしてください。

ケータイからは

http://www.shorinjikempo-toren.com/i/syoudan.html

をクリック。

記念にハードコピーしておきました。

(*^^*)

な、ホンマやろ(笑)。

|

2006年6月12日 (月)

さすがに

普段サッカーは見ない。

野球やラグビーは時々見るけど。

でもさすがに今日はW杯初戦、時間もええ時間、見ちゃいますか。

今日は残業するヤツも少なかったなぁ(笑)。

とっとと帰ろっと!

|

2006年6月11日 (日)

ちゃれんじ#特別練習

今日は朝から「特別練習」。

都大会の団体演武に参加する中学生諸君の特別練習デス。

昼まで三中の多目的室を借りれたとのコトで、同じく都大会に参加するY口さんとワシも練習に参加した。

朝、会社へ行く時間より早く起きた。

雨降りなので、バスで永山へ。

久しぶりに「朝マック」。

で、調布からまたバスに乗り一旦会社に寄り、先生からの頼まれ事をかたづける。

会社からは歩いて三中へ。

あら、結構あるなあ。

途中後ろからA山さんが通りかかり、車に拾ってくれた。

ラッキー、ありがとうございます。

三中の多目的室は教室ひとつ分。

この中学に通うA沼が「あっちの方が広いよ」と案内してくれた。

ワシも見学(?)、ついて見に行ってみた。

どーも昔からやけど、自分の学校以外って、居心地悪い(笑)。

てなワケで中学生諸君と先生はそちらに。

ワシとY口さんをA山さんが見てくれた。

(*^^*)多目的室独占。

広々使えた。

演武の構成、ひとつひとつを見てもろた。

A山さんは色々と直してくれた。

まず、構え方から。

膝を絞り、爪先を少し内側に向けて、後ろの手は意識的に後ろに引く。

体の正面の正中線が相手正面に向いていたので、それを改善。

構成でも、間合いの取り方、誘い方、起き上がり方と起こし方、書ききれない位、集中して練習できた。

構成も一部見直してくれた。

よかった。

朝から体動くかなと少し心配やったけど、なんとかなった。

最後に中学生諸君が今日の練習の成果として、団体演武を見せてくれた。

わりとキビキビと動きも揃って、かっこいい!

ただ、気合いが小さいかな、住宅地にある中学校、わざと少し遠慮したのかもね。

続けてワシらも今日の成果を発表。

ふぅ、一部ミスった(汗)。

先生は「ずいぶんと良くなったね、直すとこまだあるけど」と言うてくれた。

参加してよかった。

また来週日曜日も特別練習あります。

三鷹駅に戻るバスが混むと考え、反対の久我山行きに乗り、井の頭線で帰宅した。

帰ってシャワー浴びたら、疲れてたのか、バタンキュー、昼寝した。

|

2006年6月10日 (土)

ちゃれんじ#118

今日は少し早く、5時ごろ体育館に到着した。

先生は先に駐車場に到着、一緒に入る。

入り口には年少部のH場が。

「さっきまで遊んでてね、5時のチャイムが鳴ったから来たんだ」

着替えて軽く準備体操をして待つ。

さあ、練習開始。

都大会組は先生が見て、そうでない組はワシとO田さんと久々のS姉さんが見ることに。

S姉さんが前に出てやろうとしたら、先生が「久しぶりで大変でしょ、Hさんにやってほしかったんだけど」。

(^-^ゞ了解しました!

またまた皆の前で基本をやった。

その後は、新しいチビッコをO田さんが、緑帯をS姉さんが、そして茶帯をワシが見た。

二級技を科目表の最初の方からやってみた。

こないだ試験を前に覚え直した技ばっか。

(*^^*)よしよし。

ただ不安なトコはO田さんやS姉さんに聞いてみたりした(笑)。

こうやって教えるコトにより、もちろん復習にもなりますな。

さて、後半はY口さんと演武の練習。

細かいトコを注意しながらやった。

雑になりがちなトコ、きちんと出来ないトコはM上さんに教わった。

アッと言う間に練習終了。

明日も実は「特練」があります。

中学生の団体演武の練習、場所が借りれたついでにワシとY口さんも参加します。

今日は早よ寝やな。

|

2006年6月 9日 (金)

エレベーター

会社はビルの4階、毎日エレベーターは使います。

システムセンター用に作られたビル、ビルのエントランス、エレベーターホール、事務所入り口と三カ所でIDカードをセンサーにかざします。

階段は緊急時以外、使えない。

エレベーター必須なんです。

よかったS社製でなくて。

うちのビルオーナーはM菱商事、ゆえにエレベーターもM社製。

20年近く通ってますが、事故や不具合は聞いたことがない。

どんどん事故が見えてきてますやん。

誰かがインタビューで言うてました。

「殺人エレベーター」

ホンマ、怖いデス。

|

2006年6月 8日 (木)

夕景

早く帰れた。

夕方七時頃、急行電車は多摩川を渡った。

前に朝見る多摩川からの風景が好きやと書いた。

夕方も中々よろしい。

まだ暮れきらない濃いブルーの空にビル群のシルエットが。

三茶のキャロットタワー、渋谷のマークタワー、六本木ヒルズ、新宿の高層ビル群、そして池袋サンシャイン、広い範囲の高層ビルが、夜景が見えた。

おっと、忘れたらアカン、東京タワー。

あ、いま東京におるんや。

普段は気にしてないコトに気付く。

ちょっと余裕が…(笑)。

今日は曇りやったけど、夕映えのビル群も橙色に染まって、捨てたもんやない。

|

2006年6月 7日 (水)

ちゃれんじ#117

今日もソッコーで道場へ。

こないだまでと違い、ペダルが軽い(笑)!

さて、先生に挨拶し礼を言い着替えたら、先週土曜日帰り際に「がんばってね」と言うてくれたAちゃんが近付いてきた。

顔を覗き込むように小さな声で「ねぇねぇHさん、試験どうだったぁ」。

あ、気にしてくれてたんや。

「二人とも受かったよ、ありがとう」

すると「良かったぁ」と手を叩いて小踊りして喜んでくれた。

うれしいなぁ、ありがとね。

さぁさぁ、練習です。

準備運動の後、中学生とそれ以外に分かれた。

先生が中学生を見て、ワシが残りを見た。

基本をやった後、再度集合し、今度は都大会に出る、出ないで分かれ、ワシは出ない方6人を見た。

あ゛〜、チョコチョコ動いて言うこと聞かへん(汗)。

コラッ!

何度も何度も注意、叱りながら進めた。

天地拳第一系、単演、相対、単演は出来るんやけど、相対が旨くいかない。

一人ずつ教えてると、見てる方はふざけはじめる。

「コラッ、見てろ」

ふぅ、何とか終了。

年少部の終了時、みんなの前で試験の報告をした。

少林寺拳法を始めた時に、黒帯とるぞって目標を持って頑張って練習してきました、みんなも目標を持ってがんばろうね、一生懸命やってると目標は必ずクリアできるんだよ、今度は二段に受かるぞと目標をたてたので、またみんなと一緒に頑張って練習していきます、よろしくお願いします、みたいな事を話した。

(((^^;)以外と緊張しちゃいました。

後半は一級技練習のお手伝い。

で、延長戦。

七月の都大会に向けて、演武の練習。

五月の都民大会の演武を思いだし、Y口さんと練習した。

この前より旨くやらないと、ね。

さて、練習終了後、Y岡さんが「祝勝会行きますか」。

行きました。

いつもの駅前の居酒屋。

試験の話、取り組む姿勢、昔話を交えなど、色々と少林寺拳法について真面目に話をした。

ええ感じ。(*^^*)

さあ、身も心も軽くなり、終電には少し余裕があったので、ゆっくり夜風にあたりながら帰ったのでありました。

|

2006年6月 6日 (火)

南が丘

下の妹夫婦が家を買うそうな。

土地の引き渡しが済んだとメールが来てた。

がんばったな、ダンナ。

津駅から近鉄電車で二駅目、南が丘駅の南(笑)、南さくらが丘ちゅうトコらしい。

どうやら南が丘駅より久居駅の方が近いみたい。

久居の方が急行停まるし、特急も時々停まるし。

朝の松阪始発と遅い時間の松阪行きの特急だけな、停まるんは、他の特急はびゅ〜んと通過する。

あのへんもワシら高校の頃までは、な〜んも無かったんや。

一日の日記(「人口」参照)やないけど。

近鉄が名古屋線に「南が丘駅」を作って周囲を造成してからかな、賑やかになってきたのは。

規模は大阪線桔梗が丘に比べたら小さい小さい。

そういえば、後輩のYっさんも南が丘の辺りに家建てたってハガキくれとったなあ。

人気なんやな、あのへん。

電車も便利やし、インターからも数分らしいし。

皆さん、頑張ってますな。

(^-^ゞ

|

2006年6月 5日 (月)

一夜明けて

昨夜は吸い込まれるように眠りました。

朝も爽快!

あと10分、あと5分なんて思わないのは久しぶり。

今日一日も気持ちよく仕事することができました。

皆さんから頂いた何通ものメール、ありがとうございました。

Y口さんは「こんにゃくみたいに力抜いて」、Y岡さんは「自分を信じて堂々とぶつかるのみです」、M本くんは「Hさんのバックギアは壊れてます、前にしか進めません」などなど。

本番の朝、リラックスできました。

夕方には「これからが本番ですよ」と激励や、「自分のことのように嬉しい」と何通も頂きました。

高校からの友達、Hしゃんは「いまの気持を忘れずに」、ホンマそうです。

皆さん、本当にありがとうございました。

ひとつハードルを越える事はできましたが、まだまだ課題は山積み、Y岡さんは「二段受験までの宿題だね」と言うてくれました。

やればできる、そう信じて「宿題」を一つ一つ片付けることにしますね。

でも、ええ響きですね、「段」って(笑)。

(^-^)v

なんや、あいつでもやったら出来るんや、よし俺も、なんて少しでも思えてもろたとしたら、感激、幸せ倍増です。

|

2006年6月 4日 (日)

ちゃれんじ#昇格試験

早起きした。

先生と相棒のIと七時過ぎに三鷹駅で待ち合わせたから。

三鷹に向かう電車でも、ずっと復習。

さあ、二人と合流して南千住に向かいます。

少し早かったらしく、まだ人影はまばら。

おや、祭があるようで、町会の人たちが朝早くから準備中。

開場。

早速着替を済ませる。

ぞくぞくと集まってくる。

今日は初段、二段、三段の試験、併せて百七十数名も集まったらしい。

普段より多いそうです。

グループを作ります。

二人一組、5組位ずつグループになって試験を進める。

名前を呼ばれ、二人前後に並ぶ。

あれ?

Iと組じゃない?

違う男性と組か?

ちと焦った、でもしゃあない。

O道院M田さんという、おっちゃん(失礼)がワシの相手。

さぁ、試験開始。

基本、体構え、運歩法などをやり、天地拳一〜六系の単演、相対。

二系相対は無かった。

そして、演武。

よしよし、ここまではなんとか…。

さあ、抽出。

一組ずつ順番にトップバッターになり剛法5つ、柔法5つをやる。

終わった。

次は運用法、いわゆる乱捕りです。

40歳以上は選択、Iは丁度相手がいたので、ワシは辞退。

午前中に実技試験が終了。

昼休みを挟んで午後は学科。

集合の号令がかかった時、「すみません、これ落し物みたいなんですけど」と声をかけられた。

「あ、係のモノじゃないんで」

Iも笑って「試験担当に見えたんですかね」

さてこちらは、模擬試験も何度かやってもらってたんで、何とかなった。

さあ、試験終了。

採点を待つ間のS先生の話、大変おもしろい。

最前列に座ってたんで、話の途中でなんどか振られた。

しかも「一番前に座ってる彼(ワシ)、Aくん(よう読み間違えられる)ちょっと手伝ってください」と、何とか筋て言う筋肉の伸ばしかたのモデルをやらされた。

170人の前でセクシーポーズ(笑)。

不思議と照れなかった。

あらかじめ提出したレポート、「良」をもらいました。

ちなみに両サイドの二人は「可」でした。

よっしゃ!

さあ、さあ、いよいよ発表、その前に三人位名前を呼ばれて、連れていかれた。

「いま、ここに残ってる方、合格です」

よかった!

肩が軽くなった。

心配かけた皆さんの顔を思いだし、ジンときちゃいました。

ありがとうございました。

また、ここで新たな友達もできました。

「縁」ですね。

帰り、先生も合流して吉祥寺で祝杯。

旨い、旨い!

生ビールってこんなにうまかったか!

まだ実感は湧きませんが、先生から允可状と黒帯を貰うと…、また泣いちゃいそうです。

あっと言う間の一日でした。

初めて三鷹第二体育館に見学に伺ったのが、2004年6月の最初の土曜日でした。

ちょうど二年経ちました。

長かったような短かったような、この二年間、先生、先輩方、周りの皆さんには大変お世話になりました。

おかげさまで、無事に黒帯を手にすることができました。

また、明日から新たな目標に向け、頑張ります。

引き続き、見守ってください。

ありがとうございました。

|

【速報】

お陰さまで無事合格しました。

ありがとうございました。

|

2006年6月 3日 (土)

ちゃれんじ#116

さあ、試験直前の最終練習日。

勇んで駅に向かうと…、あれ?改札前に人だかりが。

電光掲示を見ると、布田駅で人身事故、電車は動いてないらしい。

見込み無し?

しゃあない。

人をかきわけ、振替票をもらい小田急へ。

丁度きた電車に乗った。

成城学園前か祖師ヶ谷大蔵でバスがタクシーに乗り換えよう。

普段にない混雑。

新百合ヶ丘で新宿方面ホームへ行くと、次の電車は快速急行、成城に停まらへん。

下北沢まで行って井の頭線でもええかな、今日は帰り荷物あるからチャリがええし。

その次は千代田線へ行く多摩急行、永山でワシが乗った次の電車。

待ったら良かった。

成城学園前に着くと、タクシーは長蛇の列、バスもそう。

ちょうど仙川駅に向かうヤツがおったけど、後10人位のとこで超満員になり「次をお待ちください」と行っちゃった。

(-_-;)おいおい。

チェッ、下北沢回った方が良かった。

ついてない。

いやいや、明日朝じゃなく良かったわ、そう思わな。

待ったかいあって?座れた。

仙川に着くと、電車は動き出してたようで、つつじヶ丘に一駅戻り、チャリで体育館に向かう。

結局着替えて練習始めたのが、六時半、30分遅刻した。

準備運動して、さぁ練習や。

先生がつきっきりで見てくれた。

前日やのに、まだまだ注意される。

へこんでる場合やない、受け入れて直していかな。

あっと言うまに時間は過ぎて、終了。

年少部の帰り際、AちゃんやS木が「がんばってね」と声をかけてくれた。

一般の帰り際にもI井やKさんらが声をかけてくれた。

そして、駐車場での雑談の後、有段者のみなさんも頑張ってくださいと応援してくれた。

うれしいなあ。

力になるなあ。

よし、やるだけやったろ。

昨夜のテレビでアメリカの子供向けの機関車のアニメ、長い貨物を牽いて坂道を登るとき、日本語でシュシュッポッポのとこが「I think I can」て言う、なんてのが紹介されてた。

これや。

「僕は出来る」

自分に言い聞かせる。

暗示みたいなもんやけど、何度か真似てみたりした。

少し自信が湧いてきた。

気分が軽くなってきた。

さあ、いよいよ明日。

自分に出来るだけのことはやってきます。

明日のブログには良い結果が書けるように。

じゃ、行ってきます!

|

2006年6月 2日 (金)

やさしい気持ち

試験の不安と緊張の続く中、ふとした事でまたおばあちゃんを思い出した。

今まで時々このブログに登場した実家のばあちゃんではなく、「大阪のおばあちゃん」。

天下茶屋の辺りから晩年は郊外の河内長野の新興住宅地に引っ越した。

年とってからも年に何回か遊びに来てくれてた。

ワシの事を「ボン(坊ン)」と呼んだ。

割りと行動的な人で、高野山やら長野の善光寺やらに出かけては、絵本や鉛筆、キーホルダーなどを買うてきてくれた。

ヨソへ行かなくても電車に乗る前に、難波の百貨店で何がしかの土産を買うてきてくれて、毎回楽しみにしてた。

一年生にあがった時、お大師さん(弘法大師)の可愛らしいキーホルダーをもらい、「ボンの事、守ってくれはるから」とランドセルにつけてくれた。

ある日、家に帰ってランドセル降ろした時、それが無いことに気付いた。

子供心に大変やと思い、急いで学校まで探しに戻った。

無かった。

通学路にも、教室にも、廊下にも、下駄箱にも。

泣きながら帰って、自分のばあちゃんに話した。

「また買うてきてもろたるわ」と優しく笑い、大阪へ電話する「フリ」をしてくれた。

「おばあちゃんにゴメンて言うといてな」。

落としたのか誰かにとられたのか、いまだに定かでない。

「ボンは優しいええ子や、お父ちゃん、お母ちゃん、家族みんな大事にしてええ人になりや(笑)」、おばあちゃんとの約束は守れているか自信が無い。

最後に会ったのは、中学にあがる前後やったか。

両親と駅まで見送りに行って、国鉄の急行やったか、近鉄特急やったか覚えてないが、電車の中からお辞儀して泣きながら(もう会えないって分かってたのかな)手を振る小さな姿が忘れられない。

高校に合格した時、うちのばあちゃんが大阪へ電話して「山田(昔の人は伊勢を旧い呼び方でこう呼ぶ)の学校行くんやな…」と知らせた。

すると、もうこのころは大分体も弱ってきてたらしいんやけど、自分で電車乗って難波の高島屋まで出かけて、入学祝にと万年筆を贈ってくれた。

その後、間もなく逝ってしまいました。

銀色の万年筆は、今でも大切な宝物のひとつデス。

何年か前、親父と大阪に出かけたとき、難波の地下街を歩いてたら、ふと親父が「大阪のオバヤンとすれ違ごた気ィする」。

その時、ワシも同じ事を考えてた。

ホンマにどっかで見ててくれてたのかも、「よお来た、よお来た」って。

みんな誰かが守ってくれてるって言いますやん。

ワシの場合、うちのばあちゃんや大阪のおばあちゃんはじめ、大勢居てくれてる気がしてならない。

今まで無事に来れたから。

これからも大丈夫。

頼んまっせ(笑)。

|

2006年6月 1日 (木)

人口

神奈川県の人口が大阪府の人口をわずか2000人抜いて、県別で東京都に次いで二番に踊りでたそうな。

神奈川県が882.3万人大阪府が882.1万人ですと。

二十年くらい前は100万人以上差があったらしいのですが。

すごいな。

確かにこんなとこにって山あいに団地があったりするもんな、横浜も川崎も。

永山の隣、京王なら若葉台、小田急なら新しく出来たはるひ野、東京都稲城市と神奈川県川崎市麻生区の境がある辺りですが、ワシが永山に引っ越してきた10年以上前は、若葉台なんて電車の車庫があるだけで、誰も乗り降りしない駅やったのに、ここ数年で大規模マンション群がバコバコ出来て、景色が一変した。

小田急なぞは駅まで作ってしまった。

コンビニ、マクド、ファミレス、こんな場所に…なんてとこにどんどん出来ている。

ここだけ見てもそうやけど、大阪府に比べれば、まだまだ開発の余地があるのかも知れない。

ちなみに我が地元三重県は、190万人弱、もう少しで200万人デス。

|

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »