« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月31日 (水)

ちゃれんじ#63

今日もチャイムと共にダッシュ!

チャリ飛ばして道場へ。

やはり小学生が少ない。

夏休みの宿題の追込みか。

思い出すなぁ、怒り顔の母と宿題の山(笑)。

さて、今日も二級技の復習。

先生に見てもらったが、二つ注意をうけた。

「足使ってないね、もっとスムースな動きを」

「あわてない」

「あわてない」って誰かに言われたなぁ、と思たら、大型(トラック)の免許を取るときに、境の教習所の先生に言われた。

「あわてずに、動作をゆったり大きくしたほうがかっこいいんだよ、トラックは」

思い出した。

拳法も同じや、チョコチョコ小手先だけの小さい動作より、技は大きくダイナミックな方がかっこええもんなぁ。

足捌きも、軽くスムースに。

体重減らすか(笑)。

そういう問題やない、前足底で滑るような動きを、と以前S姉さんにも注意されました。

反省点ばかりやけど、見て指摘してくれる人がいてくれる、うれしいコトや。

場所を変えてコミセンでもYさんに連反攻を教えてもろた。

皆さんに見てもらい、少しずつでも上達せなアカンなぁ、なんて素直に感じる、今日この頃デス。

帰り道、風を切る自転車の心地よかったこと!

いつのまにか、朝夕は過ごしやすくなってきましたね。

|

2005年8月30日 (火)

幸せって…

普段、あまりドラマは見ない。

しかし夕べは、広島の原爆をテーマにしたドラマを見てしもた、二時間半、しまいまで。

戦争中でも小さな幸せを見つけて生きる三姉妹を原爆が襲うまでの話。

を、平和祈念公園の語り部が、学生に聞かせる形で展開。

ドラマももちろん悲惨さが伝わり、泣けてきたけど、話の中で「戦争してるのに私だけ幸せになるのは」と、結婚をためらう次女を長女が諭すシーンがあった。

シチュエーションは違うけど、思い出したコトがある。

盆、正月に帰省すると何人か集まる親友がおる。

いつもワシは皆に言われる。

「早よ嫁さん連れてこんかぇ」

これまでは冗談半分やったけど、ここ数年は真剣な話になる。

ある時、「家のコトもあるしな、経済的にもな…」と弱気に話したら、Yが半分怒鳴るように、

「そんなん何とでもなる。お前が幸せになって家族をひっぱってかなアカンのちゃうんかえ」

頭をガンと殴られたような感覚と共に、人前にも関わらず泣きそうになった。

シンとなった。

「お前ええコト言うのぉ」と誰かがフォローしてくれた。

彼もがんばっとる、色々あるんやろなぁ、だからあんな風な言葉かけられるんやろなぁ。

でも、素直にそういう風に思てくれる友達がおる、心からうれしかった。

ドラマのワンシーンみたいや、そんな感想も。

古風な考えやけどワシも長男、ホンマ彼の言うとおりやなぁと思いながらも、まだ…ね。

ドラマを見ながら、数年前のそんなやりとりを思いだした。

その時の帰りの新幹線で、このやりとりを思いだして鼻の奥がツンときた。

今でも思い出すとジンとくる。

|

2005年8月29日 (月)

忘れモノ

「モノ忘れ」はひどいけど、「忘れモノ」はあんまし無い。

コツっていうか、当たり前の事やってるだけ。

簡単な事デス。

家を出る時、電車の席を立つ時、タクシー降りる時、ホテルの部屋を出る時、会社から帰る時、一度その場を振り返るだけ。

モノを置きっぱなしなら、すぐ気付く。

こんだけの事で「忘れモノ」はぐんと減る(たぶん)。

誰か代わりに「モノ忘れ」の特効薬、ウラ技、教えて下され(笑)。

|

2005年8月28日 (日)

「NHKですが…」

多摩センター駅前まで買い物に出た。

するとスーツの男が話し掛けてくる。

「NHKのモノですが、今度の選挙の事で少しお話伺ってよろしいですか」

いつやったか、親父がNHKの世論調査、電話番号で無作為に選ぶヤツに当たって(?)、答えたと聞いた事を思い出した。

「ええけど、立ち話ですまんほど言いたい事あるで、スタジオへ呼んでくれたら話すわ」

ホントは邪魔臭かっただけ(笑)。

ことわり方にも技術が要ります。

これくらいのユーモアは必要。

|

SuicaのCM

JR東日本のSuicaのCM、ユーミンの「やさしさに包まれたなら」がBGMに使われてるヤツ、あれ何げにユーミン本人が出てますね。

後ろからキャラクターのペンギンを覗き込むオバ…お姉さん、2シーンあります。

関東ローカルネタで、すみません。

|

2005年8月27日 (土)

だるだる

何日も休みあったのに、疲れが取れない。

だるいんや〜。

何か無いかなあー、てなトコで目についたCMが「やずや」(笑)。

ネットでサンプルを取り寄せた。

(^o^;)オッサンや。

これまでの多忙か、夏バテか、はたまた年齢か…。

たぶん全部や。

とにかく、しんどい。

|

アキバ

今、何かと話題の秋葉原。

元々の地名は「秋葉ヶ原(アキバガハラ)」ですと。

前に聞いたコトあったんやけど、今朝テレビ見てて思い出した。

アキハバラと読むのは駅名だけだったようですね。

今風に略すと「アキバ」、間違いではないようです。

|

2005年8月26日 (金)

台風一過、スカッと…とは言えませんが、晴れて暑さが戻りました。

電車から見る空は高く、雲も秋の雲でした。

台風は南の暑い風を運んできましたが、高層の空気はしっかりと秋。

夜には虫の音も。

着実に季節は秋に向かっているようです。

なんか、もの悲しくなりますな。

柄にもなく(照)。

|

ハナバン?

永山駅からタクシーに乗ると無線からよく耳にするフレーズがある。

「ナガヤマハナバン」

何や、「ハナバン」って。

運転手さんに聞いたコトがある。

「先頭の車ですよ」

そうや、先頭とか先端をハナって言うわ。

地元では、船もそんな言い方します(全国的かな)。

先端が「ハナ」、反対に一番後ろが「トモ」。

鰹船などで、ハナに座って釣るのは、腕の良い馬力のある男、トモでは料理長らが優雅に釣ってたりする。

そうそう、靴の踵を踏んでたりすると「トモ踏んだらアカン」と叱られたもんですわ。

|

2005年8月25日 (木)

台風接近中

台風11号が接近してますね。

夕方から夜にかけて東海から関東に上陸しそうだとか。

幸か不幸か夏休み、スーツを濡らすことは避けられますが。

もうちょっと西よりにコースとって四国の水瓶を潤せたらよかったのに。

ままならんモンですな。

しかもこの台風、結構どんくさい。

(^.^)ワシみたい(笑)。

とっとと通過してくれ〜。

ワシの休みが台無しじゃ。

明日も心配。

|

2005年8月24日 (水)

後味悪い

北の大地の少年たちが持ち帰った真紅の大優勝旗の行方が気になります。

これを書いてる時点では、まだ何も決まってないようですが。

優勝報告会も中止、まさに「ぬか喜び」や。

我々の頃はまだ、先生に殴られたり叩かれたりは日常茶飯事やった。

それを肯定はせんけど、学校にどなりこむ親もおらへんだ。

時代が変わったんやなぁ。

殴る方も、しつけ、教育を逸脱しとるからかも。

なんにしても、明徳もそう、駒大苫小牧もそう、なんとも後味悪い。

諸先輩の築いてきた高校野球の、学校の歴史に泥をぬったことは間違いない。

|

TX

さぁ、夏休みやけど…何しよかな。

テレビをつけたら、つくばエクスプレス(TX)開業てやっとる。

新しい鉄道の開通なんてめったにないし、開業日に休みなんてのも偶然、よし行くか!

JRで秋葉原へ。

昔の狭くて小汚い駅しか知らなんだんやけど、その変わりようにびっくりや。

どっかのターミナルばりに広く綺麗になってた。

浦島太郎状態。

で、新しく出来た中央改札を左に、エスカレーターで降りて新しい駅へ。

切符売り場は大行列、でも幸いTXはパスネットが使える、行列を横目にそのまま改札へ。

こういう時、パスネットやSuicaは便利ですな。

ちょうど快速つくば行きが出るトコや。

乗ってみた。

結構混雑しとるなぁ。

別に終点まで行く訳やない。

どこまでかって?

北千住(爆)。

(-_-;)ええやん、冷やかしやもん。

南千住までは地下区間、走行中はただの地下鉄。

南千住を出るとすぐ地上へ、隅田川を鉄橋で越えると高架橋が高くなり北千住到着。

ほんの10分、つくばエクスプレスの旅終了。

結構な人数が降りた。

みんな試しに、話のタネに乗ってみたんかな。

ていうかフツーに乗換え駅なんやけど。

駅構内の自動放送やない、マイクでの案内放送がぎこちなく聞こえた。

秋葉原で買えなかったので、開業記念のパスネットを購入した。

あちこちにまだテレビの取材クルーがおった。

夕方のニュースで映るかもね(笑)。

余談やけど、守谷を境に秋葉原寄りが直流、つくば側か交流ですと。

沿線の茨城県内に、国の地磁気の観測所、研究施設があり、影響があるため直流電化ができず、やむを得ず交流にしたそうな。

JR以外に交直両用電車は珍しい。

ちなみにそばを走るJR常磐線も取手より北、茨城県内は交流電化デス。

|

2005年8月23日 (火)

急遽

明日から夏休みになった。

来月に予定してたんやけど、仕事の都合で急遽前倒し。

地元へ帰ろかとも思たけど、来月の昇級試験を前に土曜日の練習は休みたないし、となると二三日しか休みない。

六月、七月と連続して帰省しとるし、十月にはうちの婆ちゃんの七回忌あるし、今回は東京におることにした。

ちょうど台風来よるし。

さあさあ、何しよかなぁ(笑)。

|

2005年8月22日 (月)

ひょっとこ

こないだの土曜日の練習の時、田舎に帰ってたと、旅行に行ってたと、年少部の何人かが土産を持ってきてくれた。

その中に、松江の土産で「ひょっとこまんじゅう」というのがあった。

そう、ドジョウ掬いのひょっとこです。

何ていうんかな、栗まんじゅうとか「ひよこ」に似たお菓子で、ひょっとこの顔になっとるんや。

この「ひょっとこ」の語源をこないだたまたま聞いたトコやった。

「火を吹く男」が語源らしい。

火を吹くったって、ゴジラっちゃうで。

薪で火をおこすとき、風を送るやん、うちわとか火吹き竹とか、この火吹き竹を使う顔から来てるそうな。

火吹き男

ヒオトコ

ヒヨトコ

ヒヨットコ…

\(^o^)/バンザーイ!バンザーイ!、みたいな(笑)。

諸説あるんやろけど、その一つやろな。

|

2005年8月21日 (日)

蝉時雨

先週とは明らかに違う、蝉時雨。

元気が無い。

歩道のあちこちに、街路樹から落ちた蝉の亡骸が。

何年も土の中で過ごし、ほんの一週間、一生懸命鳴いて死んでいくんやなぁ。

まだまだ暑いけど、暦はとっくに秋。

ちゃんと季節は移ってるようですな。

ゆうべ、三鷹市役所の中庭では秋の虫の鳴き声に気付きました。

|

2005年8月20日 (土)

ちゃれんじ#62

一週間ぶりの練習。

あかんあかん、忘れとる。

あんだけやったのに…。

悔しいなぁ。

来月の17日に試験を設定してくれてるので、なんとかせな。

3級の試験の時も同じコト書いたわ、そういえば。

やるしかないんやけど。

p(^^)q

話変わるけど、高校野球、決勝戦でしたね。

深紅の大優勝旗は、今年も北の大地の少年たちが持って行きました。

なかなか北の方には…、なんて言われてたのはすでに過去のコトになってしまいましたね。

今日の大勝負は大熱戦、またもやナイスゲームでした。

床屋で見てました(笑)。

どちらのチームの選手にも硬さはなく、最後のゲームを楽しんでいるようにも見えました。

それは応援団やブラバンも同じ、みんな夏の終わりを惜しんでるように見えたのはワシだけか。

とにもかくにも、甲子園はおしまい。

新チームは秋季大会にむけ動いてます。


とんぼが飛んでました。

|

行商人

新宿駅で、ブリキのカンカンを背負った小柄なおばあちゃんを見かけた。

千葉から来たんかなぁ。

昔、実家が干物の加工販売をやっており、何件も魚屋が並んで、店の前の通りを挟んで魚市場、当時は毎朝、近郊から行商の人たちがカブやリヤカー、そして荷物を背負って仕入れに来てました。

近鉄には「鮮魚列車」という伊勢志摩行商人組合専用の電車があります。

伊勢志摩で揚がった魚を奈良や大阪へ行商に行く人の電車です。

荷物が大きいし、匂いもするし、一般通勤客への配慮から専用電車を仕立てたようで、ずいぶん歴史もあるようです。

車両はロングシートのフツーの通勤電車のおさがり、改造してトイレを付け、停車駅も特急と同じ、ずいぶん快適なようです。

行商人の数も減り、今も走ってるか定かではありませんが。

全国的にも珍しいそうです。

|

2005年8月19日 (金)

歌謡曲

おとつい、ジャズライブに行ったばっかやけど、ここんとこの通勤BGMは、昭和40年代の歌謡曲。

たとえば「ブルー・ライト・ヨコハマ」、これは鶴見のおばちゃんの持ち歌、やめてぇ…「経験」、「真っ赤な太陽」、「涙の太陽」、安西マリアより前にエミー・ジャクソンちゅう人が英語で歌とてた、「恋の奴隷」、「愛の奇跡」、「雨に濡れた慕情」、「白い蝶のサンバ」、「さらば恋人」などなど。

もちろん、オンタイムちゃうけど、みんな知ってるし、歌える(笑)。

ほら、歌える人は30代後半以上。

聴きたくなったでしょ、先生、S山姉さん。

|

2005年8月18日 (木)

開会式

夕方、三鷹市体協の市民体育祭の開会式に出席(?)した。

市の連盟として、先生とMさんとワシ。

都民大会で二位に入ったSさんとSさんの組、二人とも出られなかったので、代わりに代理で賞状をもらう予定やったけど、今年は各競技、入賞者が多く、割愛された(笑)。

せっかく気合い入れていったのに、ちと肩透かし。

シルバー人材センターから、うちの会社へ軽作業の手伝いに来てくれてるTさん、市ソフトボール連盟の会長さんだそうで、来賓席に座ってた。

休憩時間には気さくに声をかけてくれる、話好きなおっちゃんです。

そうそう、ちょっと前に武道館へも練習を見に来てくれたことがあります。

ダンススポーツ連盟のおっちゃん、おばちゃんのデモンストレーションもあった。

うちも何年か前に、演武を披露したそうです。

年少部やったそうですが。

うちもこの市民体育祭の一環として、10月30日(日)に第二体育館で「演武会」をやります!

|

2005年8月17日 (水)

♪ライブ

会社が終って、先生とJAZZライブに出かけた。

世田谷某のK先生がベースで、うちに来ているHくんのお父さんがピアノで、ミュージシャンとして参加するライブや。

目黒のライブハウスは、テーブル席に100人位はお客さんがおったかな。

なんとこの会場のこけら落としには、マイルス・デイビスが来たそうな。

すげ〜!

割と「大人」のお客さんが多く、結構盛況。

ワシらのテーブルの近所は、世田谷某の皆さん、少林寺拳法関係者で占められてた。

ジャズ、ボサノバ系の「大人」の曲から、なんとヒップホップ系まで色々、飽きずに楽しめた。

しかもライブ中、超オドロキは、実は客席にミッキー・カーチスが来ていて、飛び入りでライブに参加。

うわー、ラッキー!

年齢を感じさせない、かっこよさってあるんやね。

Hさんは、彼のバンドのメンバーでもあるそうですよ。

19時半に始まったライブ、時計を見てなかったんやけど、終ったら22時半。

3時間も楽しませてもらいました。

最後は、K先生、Hさん、それからなんとボーカルのMさんまで「少林寺拳法エリア」へ挨拶に来てくれた。

テレビに出て歌い、レコード(古いなあ、CDやろ)を出している人が「歌手」と錯覚しますが、実はこういう場所で歌う実力のある人が、本当の意味の「歌手」ですな。

帰りも先生と首都高ドライブ。

行きも帰りも、車で先生と色々と話ができ、よかったッス。

なかなか、ゆっくり話すチャンスが無いからなあ。

半分位の時間で調布まで帰ってきた。

普段、家に帰ってボーっとするだけじゃ、ダメダメ。

たまにはこんなライブに行き、別の世界も見やなアカンなあ。

でも、ハマリそう…(笑)。

|

2005年8月16日 (火)

03と0424

三鷹市と調布市の一部は、世田谷系の局で03エリア。

東京03と調布0424の境目を発見した。

べつにええやん、どうでも(笑)。

でも、ちょっとした発見。

甲州街道滝坂下交差点、吉野家の先、調布寄りの一つ目の路地を入る。

すると右(調布側)にドラッグストア、左(世田谷側)に料理屋などが並ぶ。

ドラッグストアは0424、料理屋は03。

この路地が境目。

料理屋と並ぶ、中華料理屋や正道会館は03や。

向かい同士、電話する時でも市外通話。

通勤途中に東京03と三鷹0422の境目もあるはずなんやけど、住宅街でわからへん。

|

2005年8月15日 (月)

マンホール

こないだ夜中のタモリの番組で、マンホールの特集(?)をやってた。

マンホール、日本語では「人孔」、そのまんまやん(笑)。

雨水を流す「雨水(うすい)」と表示してあるヤツ、まさに下水の「汚水」、それらが交わる「合流」、全然知らなんだ。

雨水用は穴がフタに穴が開いてるとか、柄、模様にも名前が付いてるとか、市区町村以外に、港湾局とか海上保安庁のがあったり。

つつじ駅前の調布市と三鷹市の境付近では、すぐそばに両市のがあったり、永山には多摩市の他、「NT」ニュータウン表示も発見、さらには昔の電電公社のマークのもみつけた。

みなさん、一度歩きながら見てみるとおもしろいかも。

|

2005年8月14日 (日)

ひまじん

ウェブのニュースを見ていたら、超暇人を発見。

世界中の「スターバックス」を回っているアメリカ人がいるらしい。

スタバ全店制覇を目指すらしい。

ホームページ見ると、日本にも来ており、都内のスタバを結構巡ってた。

中にはワシが使うスタバの写真も。

なんちゅう暇人や。

ある意味、うらやましかったりするけど(笑)。

ワシも宝くじ当たったら、世界中のマクドを巡って世界の「ビッグマック」の食べ比べしよかな。

|

2005年8月13日 (土)

今日も熱闘

練習から帰って、たまたま「熱闘甲子園」を見た。

第3試合の関西と京都外大西のゲームは、ナイスゲームでした。

大熱戦でした。

中継では見えてこないウラ話を前面に押し出す番組作りは昔から伝統の熱闘甲子園、今年も健在、結構ジンときてしもた。

甲子園に出る選手たちは、お兄ちゃんから同級生、弟世代となっていきましたが、今はもう親の目線になってきたわ、ここ数年。

夢がいっぱい詰ったスタジアムやからこその物語がある、この後どんな物語が出てくるのか、楽しみではあります。

|

ちゃれんじ#61

今日は夏休みかつ盆休み、年少部の出席の少ないコト(笑)。

逆に大人は普段より多かったりして…。

てなワケで、今日は早い時間から大人の練習。

「大人の練習」って…(*^^*)。

時間がとれてよかった。

いつもより色々とメニューがこなせた。

がっ、一週間の疲れがたまってて朝から実は体調不良、少し気分が悪くなってしまい、洗面所で顔洗ろて、うがいして、冷たい水を補給したら、なんとか復活、しまいまでもった。

セーフ。

去年は単なる運動不足、体力不足で、こんなんよぉあった。

先生いわく青色吐息、Mさんには「呼吸してないでしょ」なんて笑われたりしてた(笑)。

そうなってもすぐ復活するてのは、大した変化。

2級科目を進めてもらいましたが、やはり中途半端、なっとくいかん。

帰ったら復習せな覚わらへん。

気持ちだけは先に行くんやけど。

3級の試験の時もそうやった。

自信持って出来るようにせなアカン。

でも合宿の夜中にやったコトは、自分でもなんとなく巧くイケるように思う。

よし、他のもそう言えるようにせな、な。

p(^^)q

|

ピッチャー?

昨日書いた、青森山田、ここにキャッチャー体型のピッチャーがいますね。

昨日の国士舘戦では10奪三振にソロ本塁打と大活躍。

巨人のスカウトも大注目とか、期待の星…かも。

でも、彼も大阪の子。

…、な。

|

2005年8月12日 (金)

熱闘甲子園

うちの前の国士舘が青森山田に敗れ去りました。

熱闘甲子園という番組がありますね。

全国的には昔の熱闘甲子園のオープニング、関西では日中のABCの高校野球中継でおなじみ、「君よ八月に熱くなれ」。

「あの日」と呼べる幾日を
時の流れに刻めるか
今がそうだと確かめる
熱い想いを抱けるか

時が経って振り返ったとき、甲子園での‘熱い’日々を「あの日」と呼ぶことができるうらやましさが伝わります。

まさに今、甲子園のグラウンドに立っている今こそ、将来「あの日」と呼べる時なんや、しっかりと記憶にきざんどけよ、全国何千の高校からほんの一握り、あなたたちだけが味わえる想いなんやから。

どんどんゲームは消化し、残る学校も少なくなってます。

甲子園という檜舞台に立てる幸せに感謝してください。

今年の宣誓も立派やったなあ。

ちょうどワシらのころからデス、絶叫型の宣誓から変わったのは。

福井商業の坪井主将からでした。

「ここ甲子園から大いなる未来に向かって、力強く、たくましく、歩んでいくことを…」みたいな文句でした。

高校野球の大会期間中は外野席は無料開放、何度も足を運びました。

やっぱ、夏の甲子園は何か惹きつける魅力がありますな。

うまいことよぉ表現せんけど。

もう少し、この雰囲気を味わえます。

|

2005年8月11日 (木)

急病人

朝の電車、結構空いてて、休みの日みたいにドアにもたれて音楽聴きながら立ってた。

京王よみうりランド駅を出発しようと動きだした瞬間、急停車した。

イヤホンを外したら、一つ前のドアのトコの人が緊急用のボタンを押したらしく、インターホンで車掌と話してる。

ハッとみたら、シルバーシートの前に吐いたモノが…。

車掌が飛んできて、吐いた彼を抱えてホームを歩いてた。

5分位遅れたかなあ。

調布では駅員が掃除しに来た。

終電間際ではよく見る風景(笑)、朝見るとは。

具合悪いなら自分で降りたらええのに。

どうしても行かなアカン用事があったんやろか。

私服やったし、会社行く感じやなかった。

いずれにせよ、大丈夫やったんかなぁ、彼は。

自分で歩いてたから、たぶん大事にはいたってないと思いマス。

|

2005年8月10日 (水)

ちゃれんじ#60

今日は60回目の練習日。

今日も年少部と基本の後、2級技の練習。

何回もやっとるのに、巧いコトいかへん。

「慌ててやるからだよ」と先生、なるほど。

落ち着いて段取り踏んでやると、なんとか形に…(笑)。

その後もコミセンで練習を継続、技を一つ復習と、もう一つ新しい技を教わった。

また帰ったら復習や。

帰りはいつもの吉野家。

牛丼が姿を消してから、「ヨシギュー」から「ヨシブー」へと呼び名も変わっとる。

キャンペーンをやってて、カードを四枚集めるとキャラクターのストラップがもらえる。

最近、練習帰りの定番コース、すぐ四枚集まり、今日ストラップをもろてきた。

チャリキーのキーホルダーにしよっと。

|

2005年8月 9日 (火)

男の仕事

野口さんを乗せた、スペースシャトル、ディスカバリーが帰ってきました。

大仕事をやってのけた、って感じデスな。

ワシらみたいに普段の仕事でヒーヒー言うとるのはアホみたい、小さい頃からの夢を追い、誰でも出来るってワケやないまさに大仕事や。

かっこええよなぁ。

フツーの男の大仕事、子を残すとか、家を建てるとか、…アカン、まだひとつも…(汗)。

(^o^;)コレからじゃ〜。

|

2005年8月 8日 (月)

夕立ち?

昼休みが終わった頃、急に暗くなったと思たら、大粒の雨が降りだした。

ゴロゴロ…、雷まで。

夏らしくてええやん(笑)。

天気予報で聞く、大気の状態が不安定、てヤツやな。

昼でも夕立ちって言うんかな(笑)。

晩飯を食いに出てきたけど、空は暗いし霧雨があたる。

帰り大丈夫かな。

|

2005年8月 7日 (日)

会報に

会報の昇格試験合格者の欄に、親友の息子の名を発見。

「准拳士初段、三重、三月」の欄にしっかりでとる。

試験当日に、彼のお母さん(も、ワシと同級生)から連絡はもろてましたが。

自分のコトのようにうれしいと、その日の日記に書いた。

彼は双子、産まれたとき見に行ったら、座敷の小さな布団に並んで寝ており、愛らしかったのを覚えとる。

そんな彼らが、もう中一。

そして初段をゲットか。

(*^^*)早いなぁ。

ワシも来春、彼に追い付けるようにがんばらなアカンなぁ。

|

2005年8月 6日 (土)

ちゃれんじ#59

今日は年少部少なーい。

夏休みで、おじいちゃん、おばあちゃん家に行ったりしとるんかな。

ボールを使ったゲーム形式の練習やった。

後半は、はじめにこないだの合宿の反省会。

班長をやった中学生、よぉやった、てな意見が多かったデス。

で、2級技の練習。

体育館の壁の鏡を見ながら、悪いトコを研究。

少し照れ臭い、かな(笑)。

前回の復習と、新しい技をもう一つ。

そうそう、こないだ合宿のとき夜中にやったヤツやん。

思い出した。

酔うてなかったらしい(笑)。

印象深く刻まれると忘れやんて言うけど、ホンマやなぁ。

でも中々思うように行かへん。

寝る前に研究してみるか。

|

開会式

昨日書いたようなこと、同じようなことを開会式でおっさんが話してた。

いま見た、朝日新聞のHPにも同じような記事が。

「野球留学」

繰り返すが、大嫌い。

そうして出場したところで、値打ちがないと思とる。

全国的にそういう流れになってきて、「とりあえず甲子園への近道」。

そんなもん、近道なんて存在しない。

近道して甲子園へ出場したところで、満足なんかなあ。

住所移して、県大会の出場校が少ない県の県立へ、みたいな話も聞く。

おかしいおかしい。

これまで諸先輩が築きあげた甲子園の伝統が、球児の憧れが、違う方向へ向かっているようで、残念やし、先輩に申し訳ないという気持ちって無いんやろか。

甲子園の開会式をみて、気分がスッキリしないのは初めてや。

出場した選手には、これらを忘れさせるプレー、今までと同じ風を吹かせてほしい。

一ファンとして。

|

2005年8月 5日 (金)

ドタキャン

明徳のドタキャン、色んなトコに波紋を広げてるようですな。

なんせ、開会式の二日前、代わりに出る方の高知もタナボタ、準備する時間が無いんやし。

ある意味迷惑。

いちばん気の毒なんは、真面目にやってた選手諸君や。

県大会の前ならまだ彼らの傷も浅かったはず、優勝決まってから辞退ってありえない。

不祥事なんてどの学校にもありえるコト、勝利至上主義と大人のエゴで、しかも金を使こて丸め込もうとしたなんて、言語道断、学校関係者はどないして責任とるつもりか。

こんなん教育でもなんでもない。

部活で名を売るために、都市部から選手を集める田舎の私立高校は昔から大嫌い。

ここの他にも青森とか仙台とか沖縄とか、色々ありますやん。

明徳の子らは、一生背負てくんやろな、かわいそうやけど…。

腹立つどころか、情けないわ。

|

2005年8月 4日 (木)

コミュニティFM

コミュニティFMって知ってますか。

フツーのFM局のサービスエリアは基本的に県単位、これに対してコミュニティFMは市あるいは区単位が基本エリア。

条件がよければ、それ以外の地域で聞けるのは、フツーのFMもコミュニティFMも同じ。

車のラジオやとよぉわかりますね。

紀伊長島で名古屋のZIP-FMが聞こえたり、津で大阪のFM802が、下田でJ-WAVEが聞こえたり。

地表を伝わるグランドウェーブです。

話を戻すと多摩市にもFM多摩が、世田谷区にはFM世田谷、調布市には調布FM、三鷹武蔵野エリアにはFMむさしのがあります。

FM西東京てのがあって、少林寺拳法を一緒にやってるHくんのお父さんがこの局の番組に出演するそうです。

お父さんはジャズピアニストであり、少林寺拳法初段なんですわ。

来週月曜13時からの番組で、少林寺拳法の話もしてくださるそうです。

残念なのは、この時間仕事中、聞けません…。

なんか方法ないかな〜(笑)。

|

2005年8月 3日 (水)

ちゃれんじ#58

今日の年少部は、合宿の感想文書き。

こないだ合宿の最中に、最終日の昼食後帰るまでの30分で書かせたので、中途半端になってしもたから。

女の子は割りとしっかり書くんやけど、男の子は…。

(^^;

後半は2級技の練習、これから初段に向け、一緒に頑張る相手が決まった。

中学一年のIくん、体はわりと大柄で相手に不足はない(笑)。

これからよろしく頼むでー!

さぁ、頑張らな。

まずは9月に2級の試験デス。

それに向けて、コミセンでもう一汗。

左の肘と手首の間で、相手の蹴りを受ける練習を繰り返したら、左手に力が入らんようになった。

(x_x;)

帰り、つつじヶ丘駅前の吉野家で晩飯食ったけど、味噌汁のお椀が巧く持てない。

あれれ?

どんぶりもダメ。

あらら?

寝たら治るやろ(笑)。

8月に入って夏休みを取る人が増えたのか、電車は朝も空いてたし、帰りはなんと急行に座れた!

毎日こんなんやとええのになぁ(笑)。

|

2005年8月 2日 (火)

夏の音

夏の音と言えば、風鈴、花火、プールの歓声、ラジオの野球中継、色々ありますね。

あと、蝉の声。

東京でもミンミン蝉やあぶら蝉などの暑苦しい鳴き声は聞こえてくる。

熱帯夜など、場合によっては夜中にも鳴いてたりする。

こないだ小菅村で久々に「ひぐらし」の鳴き声を聞いた。

夕飯を待つ時やったか、民宿の庭におる時、山の方から聞こえてきた。

カナカナカナカナ…

山にこだましとる。

「ひぐらし鳴いてますね、久しぶりに聞いた気がします」、先生と話した。

まさに「夏の夕暮れ」、先人は粋な素敵な名前を付けましたな。

昔、裏に山があった母の実家でよく聞いた鳴き声。

早よお帰り…、そんな風にも聞こえます。

(*^^*)

|

2005年8月 1日 (月)

♪私の心は夏模様

P1000085.jpgゆうべ寝る前に、撮ってきたデジカメ画像を整理した。

川遊び、花火、イワナの掴み取り、どれもこれも生き生きとした子供たちの表情が印象的やった。

普段の練習時の顔とはちょっと違う。

これも「自然」の持つ力か。

都会の子も、田舎の子も同じ、ただ環境が違うだけ。

都会の子も、自然のなかに放り込んでやれば、ゲーム機もカードも要らない、川で遊び、虫も捕まえ、元気に遊び回る。

子供らを自然のなかに、という都会の親御さんの気持ちが、週末の高速道路の渋滞や、新幹線の混雑につながってるような気もしてきた。

夏が過ぎ風あざみ
誰のあこがれにさまよう
青空に残された私の心は夏模様

画像を見てたら、井上陽水の「少年時代」が聞こえてきた…気がした。

添付画像は、川原でS々木くん(すぐわかるやん、笑)が撮ってくれた。

ケータイで撮ったんやけど、顔が写ってない。

ディスプレイ見て撮ってくれたはずやのに…。

(*^^*)ま、ええか。

これも思い出。

|

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »