« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月31日 (日)

ちゃれんじ#夏季合宿二日目

5921b4ff.JPG朝5時頃、寒くて目覚めた。

布団を掛けなおして二度寝。

六時起床、六時半に川遊びをした川原に散歩に出掛けた。

そこで体操。

朝の川原の空気はうまい!

はい、深呼吸!

民宿に戻って、鎮魂、そして朝ご飯!

散歩して何気に空腹、納豆掛けごはんが旨かった〜(笑)。

またまた川遊び、出掛ける前の時間を利用して、中学生諸君とトランプをした。

久しぶりに大貧民をやったんやけど、ワシらの時代には無かったルールやローカルルールが多く戸惑ったが盛り上がった。

で、川遊び。

曇りのち雨の天気予報をくつがえし、太陽が顔を出し、気温も上がっていった。

今日は川原でビール飲むだけにしとこ…と思たけど、やっぱり昨日のHくんにつかまって、水かけ遊びの再開、その後も急流に流されてくる子供らを下流で受けとめる役、子供だけやなしに、サンダル、水鉄砲、いろいろ流れてきた。

そうそう、川遊びの後、イワナ(たぶん)の掴み取り、それからカブトムシも捕りにいった。

今日も思い切りはしゃいでしまい、昼飯のカレーをおかわりした。

(σ^^)σ

一休みして2時に出発、ほぼ予定通りに三鷹市役所に帰ってきた。

課題だった団体行動、中学生リーダーの班行動、お世辞にも満点とは言えやんかわからんけど、及第点やと思う。

特に(みんな良かったけど、特に、デス)TくんやRちゃんの自主的に小学生の面倒を見る姿が、食事時、整列時、バス車内、いろんなトコで目についた。

また、自分と年少部の子どもたちとの距離もずいぶん縮んだようにも思う。

これも収穫。

帰りのバスで短い時間やけど爆睡。

川遊び、花火、きもだめし…、ワシらの子供の頃と、何一つ変わらない夏のイベント達、疲れたけど充実した二日間やった。

子供やないけど、楽しい夏の思い出になりました。

|

2005年7月30日 (土)

ちゃれんじ#夏季合宿一日目

763694da.JPG朝7時に三鷹市役所集合、バスで山梨小菅村に向かう。

青梅鉄道公園と小河内ダムを経由して昼過ぎに民宿に到着。

ミーティングと鎮魂を行なった後、すぐ下を流れる川へ川遊びに出掛けた。

曇天やったけど、小学生の水かけに付き合ううちに、童心に帰りはしゃいでしもた。

川遊びの後は、冷えた体を風呂で温めた。

風呂の順番を待つ間、トウモロコシ刈りもやった。

一人一本ずつ、民宿の庭で焚き火をし、焼き芋の要領で丸焼きした。

新鮮なので、焼いたまま何も付けんでも、甘い!

旨かった。

そして食事、山のモノを中心に色々と。

ま、年少部は別メニューやけどな(笑)。

で、食後はお約束の「花火大会」。

消防車が来るかと思うほど煙に包まれた。

そして懐中電灯を持って、夜の小菅村を散歩。

村の夜道は結構暗く、道は単純なはずやけど、大丈夫やろかと不安になる。

何とか帰ってきて、年少部おやすみタイム。

さぁ、ようやく大人の時間デス。

(^^)/▽☆▽\(^^)

「大人の部屋」で一杯始まった。

夜が更けるにつれ、話がポンポン飛び出し、これで終わりかと思いきや、拳法の話題になり、幾分酔いもまわってきた状態で2級技、座って出来る柔法の練習が始まった。

襖一枚隔てた、隣の中学生の部屋も静かになってきた0時30半頃解散、長い長い一日が終わった。

(^o^;)

|

2005年7月29日 (金)

もういっちょ高野ネタ

東東京大会は国士館の優勝で幕を閉じたようです。

学校は世田谷区ですが、野球部のグラウンドと寮は多摩市、うちの真前の国士館大学に併設されてます。

授業を終えた球児諸君は、小田急線で永山へ。

私立は大変やなぁ(笑)。

県立高校出身、こんなん考えられへん。

|

2005年7月28日 (木)

ひとつずつ

夏の高校野球、三重県大会は今日決勝戦、菰野が桑名西を下して甲子園への切符を手にしました。

わが母校も、梅田の手前、鶴橋か難波で乗り換える位のトコまで行ったんやけど(笑)。

初戦で負けたチームも、決勝で負けたチームも、さらには今後甲子園で優勝するチーム以外に共通するものは「負けは皆ひとつずつ」、一緒やみんな。

うつむかんと胸張ったらええ。

この夏の思い出は一生の宝物、ずっと、ずっと、きっと。

長い人生の目標は甲子園に終わらへん。

まだまだこれから見つけたらええやん。

辛なったら、グラウンドの自分を思い出してみな、乗り越えるパワーになるはず、他の高校生にないパワーを手にいれたはず。

な〜んて事を、ゲーム後泣きながら抱き合う後輩の写真を見て思いました。

お疲れさんでした。

|

2005年7月27日 (水)

ちゃれんじ#57

今日はギリギリ、6時に会社出て、速攻で道場へ。

まだ準備運動中、基本練習には間に合うた。

今日は2級技を進める事が出来た。

痛い技ばっか(笑)。

「これから有段に向けて痛い技ばっかりだよ」とYさん。

でも技をかけられる痛みも知らなアカン。

先生に直接指導してもろた時、手首に技をかけられたんやけど、自然とひざがガクンと崩れるくらい効いた。

その後、武道館からコミセンに場所を移して自由練習。

細かいポイントや理屈を教えてもらい、納得納得。

短い練習時間の中で教わった事ほど覚えてるんだよね、とは先生。

なるほど。

2級の試験に向けて、本格的にスタート切ったような日やった。

|

おつかれさん!

わが母校、宇治山田高校は本日準決勝、残念ながら桑名西高の前に涙を飲みました。

2-7と言う結果に終わりましたが、野球部OBの友人は「このチームでよぉここまできたわ、大健闘や」とメールをくれました。

彼のメールが全てを表している気がします。

「大健闘」

ホンマそうですな。

後輩にまた夢を託して、胸張って伊勢に帰ってほしいデス。

おつかれさん!

|

2005年7月26日 (火)

あと二つや

夏の高校野球、わが母校三重県立宇治山田高校が、あす準決勝に挑みます。

三重第三中時代に第一回大会に出て以来、「何年ぶり」という不名誉な(笑)記録を更新中。

前に、今のホークスの倉野がいた時代に準優勝、惜しくも二回目の甲子園行き切符を逃しました。

あと二つ、頑張ってほしいなぁ!

|

台風+…

朝から欝陶しい。

台風の接近による風雨の強さだけやない。

電車で、一人分の吊り革が空いててつかまった。

幅は狭かったので、半歩下がって、傘とカバンを自分の前、つまりその空間に位置するように、ステッキで立つ紳士のような(笑)感じで立っていた。

するとその右側に立つ、白髪交じりのおっさんがワシのカバンが揺れて自分の足に触れるのが気にいらないらしく、チラチラ見たり、こっち見たりしてる。

左側も、ワシの両サイドも人がおるし、そのままほっといた。

そのおっさんは左で吊り革、右手で網棚の淵に掴まって自分の世界を作っている。

ガタイもワシより一回り大きく、見る人によっては「強面」、ワシに言わせたら大したことないんやけど。

右側空いてるやん、おっさん。

こっちむいてブツブツ…。

音楽聴いてたし、シカトしたった。

混雑した電車でガタガタぬかすな。

よっぽど気に入らないのか、揺れに合わせて自分の腰をわざとこっちに寄せてくる。

腰にあたるのが嫌なんちゃうんかぃ!

ええ年こいて…、だんだん笑えてきた。

シェアしたらええやん、スペース。

電車通勤しとると、何様じゃおんどれ!みたいなこんなおっさんはいくらでもおるし、ほっといたんやけど、だんだんごぉわいてきた。

自分のスペースは死守する、自分勝手や、こんなんは若い奴よりおっさんに多い。

ますます腹立ってきて、やられたらどうやり返すか考えだした。

かかってこい!

みたいな気ぃになってきた…トコで調布に到着。

降りたら、反撃まで考えた自分もアホらしくなった。

ただでさえ欝陶しいのに、嫌な朝やった。

|

2005年7月25日 (月)

パートナー

今日から一ヵ月、あるシステムをAccessで構築するのに、専門家に一人来てもろた。

基本的にはワシが作るんやけど、彼のノウハウでサポートしてもらう。

盛岡から来てくれた彼は、駅前のウィークリーマンション生活。

5つ年下で、すごく大人しい印象やったけど、いざ仕事を始めると色々知ってるし、動きもええんや。

頼むで〜、ひと月!

|

2005年7月24日 (日)

花火余韻ネタ

P1000074.jpg昨夜の花火、昨日書かなかったネタを。

ワシの前に立ってた人が携帯を空に向けてた。

カメラで撮るのかと思たら、ちびっ子ふたりが画面を覗き込み、動いとる画像が…。

あ、FOMAのテレビ電話で「生中継」してたんか!

なるほど、こんな使い道もあるんやなぁ。

ワシもFOMAやけど、買うた当初、試しに使こてみただけ、それ以来、テレビ電話機能は眠ったまま。

もうひとつ。

津に住む従妹も来てた。

彼女の旦那はイギリス人、なんでも彼の実家はジョン・レノンの生家のすぐそばらしい。

花火大会の最後の方で、船に曳かれて走る台船から海の上で半球状に花火を破裂させる「海上自爆」(画像参照)と銘打ったのがあった。

プログラムのアナウンスを聞いた彼が「カイジョウジバク?」。

「そう、海上自爆」

「テロ(笑)?」

そっか、イギリス人の彼には「ジバク」はタイムリーかつご法度。

しかも「海上」を「会場」と勘違いか(笑)。

そこでは笑い話ですんだけど…。

今朝になってから思い出したネタでした。

あ、ちなみに主催者発表で4万5千人の人出だそうですわ。

眉唾…(笑)。

|

2005年7月23日 (土)

花火大会

P1000073.jpg今朝、叔父の四十九日をすませ、夕方までのんびり。

晩飯の後、地元の花火大会へ。

地元の花火大会を見るのは7〜8年ぶり。

ついでとはいえ、楽しみにしとった。

港一帯で昼間から続く色々なイベントはパス、花火にしぼった。

20時頃から21時半過ぎまで、約3000発ですと。

この辺の花火大会では平均というかソコソコの規模。

叔父の追悼花火(単独です)もあり、ちと感動。

今年はビッグバンドのスウィングジャズと花火のコラボが初登場、最後の海上スターマインは結構感動!

だが、残念やったのはずっと降り続いた霧雨と、風も無く煙が滞って、花火が見えにくかったことかな。

あと携帯のデジカメで花火を撮るのは、めちゃくちゃ難しい、ということがわかった(笑)。

天気の割には人出もすごかったデス。

ずっと前に、隅田川の花火に行った時もすごい人出。

その時は、甚平着て雪駄履いて出掛けたら、電車でも会場でもワシの周りに空間が出来てたコトを思い出した(笑)。

(^o^;)

来年も見たくなった。

|

2005年7月22日 (金)

高速バス

明日、法事があり地元に帰ります。

朝早い時間からなんで、朝一の新幹線やと時間的に微妙、てな訳で、今夜の夜行の高速バスにした。

池袋から(バスは大宮始発)山手通りを下って初台から首都高4号、中央道、東名阪、伊勢道、下に降りてR42で長島へ向かいマス。

終点が和歌山の勝浦なんで早い時間に途中下車。

最近の東京から西に向かうバスは東名より中央道が多いようです。

車両も一人独立シートが三列、割と楽デス。

高速を快走しとると寝れるんやけど、休憩でSAに入る時など、減速やカーブの横Gで目ぇ覚める。

二時間おきに休憩、でもその間は、たぶん爆睡!

では、行ってきます!

|

2005年7月21日 (木)

コンタクトが…

マンスリーの使い捨てコンタクトを使ってる。

昨日の朝、洗面所で片方落とした。

あ〜〜〜!

探したけど片方裸眼のアンバランス、見つからん。

電車の時間もあるし、あきらめた。

トホホ…。

一ヵ月のうち、まだ半分しか使こてないのに。

予備で買うといた、デイリーの使い捨てで急場をしのいだ。

あと一組マンスリーは予備がある。

使い捨てじゃなかったら…、ま、よしとしよか。

でも残念!

|

2005年7月20日 (水)

ちゃれんじ#56

今日は速攻で帰る事が出来、チャリで道場へ向かった。

相変わらず子供達は元気でにぎやか。

武道館での練習を終え、コミセンで自主練習にも参加させてもろた。

今日は中学生諸君も「先生、行っていいですか」、前向きでよろしい(笑)。

練習では2級技を教えてもらうのと3級技の復習、あかんあかん、忘れとる。

先生は「Hさん、早く初段とってもらわないと」と言ってくださる。

そのように指導してくださるのに、これじゃアカン。

ご期待に沿えるようにせな…。

帰り道、明るくきれいな満月(たぶん)を見ながら考えた。

|

これもご縁

こないだの屋形船の懇親会の二次会、調布方面の先生方とご一緒させて頂きました。

その中で、W先生とお話していて驚いた。

ワシの地元、紀伊長島に行ったことがあるとこのこと。

33年前に、新婚旅行で紀伊半島を巡ったらしい。

京都から白浜、勝浦、紀伊長島の有久寺温泉、そして鳥羽をまわったとのこと。

有久寺は長島の町から30分位、山に入ったところ、いわゆる秘境です。

当時は自家発電だったと先生はおっしゃいましたが、今でもそうちゃうかな。

大将が、市場まで魚を買いに行ってくれて、尾頭付きで食べた刺身が旨かったと話してくれた。

そうかぁ、これも「ご縁」やなあ。

東京で少林寺拳法始めて、たまたま、よその道院の先生と呑みに行って、その先生がメジャーな観光地でもない三重県の小さな町に行ったことがある…なんて、よお考えると不思議なあ、やっぱ「ご縁」やなあ。

こうやって知り合ったりするのにも、どこか「ご縁」のような見えない力が作用してるんやろなあ、なんて考えてみた。

この「ご縁」、大切にせなアカンな。

|

2005年7月19日 (火)

月の沙漠でやっぱり…

昨夜、NHKラジオで「月の沙漠」が流れてた。

ずっと前に書いたけど、これを聴くと、ほぼ間違いなく泣けてくる。

今回もやっぱり…。

昔、母の子守歌で聴いた覚えがある。

他の童謡や唱歌では何ともないんやけど、コレは特別。

せつな〜いメロディラインや風景の思い浮かぶ歌詞なんかなぁ、なんなんやろ、泣けてくる理由は。


広い沙漠をひとすじに
二人はどこへ行くのでしょう
おぼろにけむる月の夜を
対のラクダはとぼとぼと
砂丘を越えて行きました
黙って越えて行きました


淋し〜い風景が思い浮かびませんか。

そこにあの旋律、ほらジーンときませんか。

アカンなぁ、これだけでもウルウル…。

|

2005年7月18日 (月)

気分のよい朝

\(^O^)/今朝はとても気分が良い。

昨日の宴会の程よい酔いもスッキリ醒め、夏が来たし、姪ッコからも電話が。

昨日、少林寺拳法の昇級試験があったそうで、中一のお姉ちゃんが3級に、妹は7級にそれぞれ昇級したとのこと。

午前中ですでに暑いけど、風か乾いて気持ちよい。

あ〜〜、ええ休みや。

何の休みやったっけ?

「海の日」か〜。

|

夏じゃ〜!

関東地方、梅雨あけですと。

夏やー、一番好きな季節デス!

|

屋形船東京湾飲み会ツアー

97438a1d.JPG昨日はブロック主催の懇親会、東京湾屋形船飲み会ツアーやった。

浜松町から船に乗り、レインボーブリッジのすぐそば、フジテレビを臨む所でしばらく停泊。

旨いてんぷらにカラオケ大会と結構盛り上がり、時間が短く感じる程楽しく過ごした。

帰りに先生と新宿で別れて京王線に乗り換える時、今日参加してみえた、調布方面の先生方と同じ電車になった。

車内で話してたんやけど、先生の一人が「今からカラオケ行くんだけど、一緒にどうですか」と誘って下さった。

明日は休みやし、せっかくよその先生方と呑むチャンス、二つ返事でご一緒させていただいた。

カラオケがお好きなようで皆さんお上手。

こちらも盛り上がって、調布道院のテーマソングだという「ff(フォルテシモ)」で締めた。

屋形船も楽しかったし、カラオケも楽しかったし、良い休日になった。

|

2005年7月17日 (日)

総理直筆!?

親父が在籍した三重の紀伊長島道院では、今も看板が2枚(紀伊長島道院と紀伊長島支部)あるそうですが、これがなんと三木武夫元総理大臣の直筆なんだそうです。

昭和50年前後の話ですが、紀伊長島道院で看板を作成しようという話になり、誰に書いてもらうかとなったとき、当時の某国会議員の地元の後援会長に頼むことになったらしい。

ところが、この後援会長にお願いしたところ、「せっかくですから先生に」と、東京の某議員の事務所に届けてくれました。

数日後、戻ってきた看板を見てびっくり!

なに〜!

立派な文字の看板の裏面に「三木武夫」のサインと角印が押印してある。

この某議員先生は、派閥の親分(笑)だった、当時の総理大臣三木武夫氏に「せっかくですから」とお願いして書いて頂いたとのこと。

現在ではありえない話かもしれませんが、古き良き時代、当時はのんびり、ゆっくりしてたんですかね、総理大臣も。

夏休みに帰省した際に見せてもらうつもりです。

|

2005年7月16日 (土)

ちゃれんじ#55

今日の練習は、都大会が終わったコトもあり、通常モード。

基本をかなりみっちりやった。

汗だく(笑)。

2キロ位痩せた…気ぃするわ。

後半は都大会の反省会とあいなった。

年少部は前半に感想文を書いてもらった。

中学生を含む一般が車座になり、それぞれの立場から意見交換した。

今の小学生たちは団体行動が苦手なこと、子供らに注意をしても周りの大人は無関心なこと、座席の取り合いを改善せねばならないこと、電車での引率の難しさ、色々な意見がでた。

中学生の存在も注目された。

「小学生と見られたいのか、大人と見られたいのか」、そこにいた4人の中学一年生に聞いてみた。

すると、異口同音、「小学生と一緒はイヤ、中学生と扱ってほしいから、自分たちも自覚をもたなければ」。

そうか、ちゃ〜んと分かってるやん。

ただ大人として扱ってもらうチャンス、きっかけが無かったんやな。

電車は大人料金、体も大人に近づくけど、自分の中では小学生だった自分と変わってないのか変わったのか判断が難しい年ごろではありますが。

なので、月末の合宿では彼らをリーダーとした小グループを任せてみるコトになりそうです。

小さい子たちから見られると、否応なくちゃんとせなアカンようになる。

グループで行動するコトを覚えたら、団体行動もできるようになるのでは、とリーダーを任される中学生から意見がでた。

合宿を機に「一人前」扱いをしてやって、リーダー中学生も、それに付く小学生もいっぱい学んでほしいなぁ。

これも合宿やる目的にもなるしな。

かと言うて、それによって大人が楽する訳やない。

それをサポートして、全体を仕切るのは大人の仕事。

このような役割分担で、合宿に臨むコトになりそうです。

今後の中学生リーダーの行動に注目です。

さあ、帰ったらさっきの反省会の議事録(笑)作らな、ホームページに載せる予定です。

|

2005年7月15日 (金)

多摩川の花火

多摩川を渡るとき、堤防から河川敷に仮設のスロープなどを作ってた。

花火大会か。

ホームページで調べたら、23日(土)が大会。

毎年、平日だったように思うんやけど。

調布行きのバスも電車もシャレにならん位、大混雑するので、この日は小田急で帰る。

そして多摩川を渡る小田急の電車から遠くの花火を眺める。

しかし今年は、その日法事で地元に帰ってます。

あら!同じ日、地元も花火大会やん!

これもホームページで見ると約3000発、昔からそこそこの規模。

実家が引っ越す前は、超至近距離、花火のカスが降ってくるくらい。

出掛けずに、ベランダにスイカやビールなどを持ち込み、家族、親戚で皆で見てました。

しかし今は引っ越したんで…、車で出掛けやなあかん。

でも、せっかくの久しぶりの地元の花火やし、行こかな〜。

|

2005年7月14日 (木)

世界遺産

知床が世界自然遺産に登録されましたね。

去年の今頃、うちの地元もエリアに入ってますが「紀伊山地と参詣道」が選ばれてます。

知床半島、昔行きました。

札幌から夜行の特急で網走へ、始発の鈍行(1両)に乗り換えて斜里へ、そしてレンタカーを借りてウトロから知床峠を越えて羅臼へ行った。

10月初め峠は快晴、沖の国後島をはじめ「北方領土」がクッキリ!

感動しました!

駅でレンタカーを返すとき、手続きしてくれた駅長さんに「また来ます」、約束は果たせてません。

行きたなってきた。

|

2005年7月13日 (水)

ちゃれんじ#54

打ち合せがずれ込んだ。

17時予定のが18時半を回ってた。

それだけなら仕方ない。

その後、課長に絞られた。

仕事の進め方について。

マンツーマンで他に誰もおらへんだし、良かったんやけど、だんだんエスカレートしてきて…ヘコむような事もあれやこれや。

ええんやけど、ワシが悪いんやし、でもドンドン気ぃわるなるし、練習行かれへんし…。

ま、ええやん、たいがいにしてくれ、と思いつつも、いつもは腹立つんやけど、今日は結構落ち込んだ。

20時を回ったトコで解放、チャリで道場へ向こたが、門は閉まっとる。

ん?車はある、てことは前のようにコミセンで引き続き有段の技の研究か。

コミセンを覗いたら…、いました。

先生ほか二名の先輩。

ヘコんでた気持ちもどこへやら、短い時間やったけど参加させてもらいました。

普段教わる事のできない、細かい説明や、理屈など先生から直接教わることができた。

先生たちと話しとると、なんかホッとするっていうんかなぁ、さっきの嫌な事も忘れる。

会社以外のコミュニティに入れてもらえて、ホンマ良かったと思う。

まさに気分転換。

でも帰りの駅へ向かうチャリで、課長との話思い出して、また気分悪なってきた。

しゃあない、反省反省、今晩ぐっすり寝てリセット、明日からまた頑張るしかないな!

p(^^)q

|

2005年7月12日 (火)

冷やしトマト

いつものとんかつ屋で、晩メシ。

とんかつ定食を頼んだ。

いつも付いてくる小鉢は「キュウリの酢の物」とか「マカロニサラダ」が多い。

あれ!

今日は鮮やかな赤色、つめたく冷やしたトマトが三切れ付いていた。

油っこい口の中が、サッパリする。

昔はトマトは大嫌いやったけど、最近はサッパリ指向か、健康指向か、はたまた年令か(来年四十路)、傾向が少しずつ変わりつつ…ないか。

とんかつ好き、焼肉好き、よぉ人に笑われる、いっつも肉食っとるって。

野菜だけじゃダメ、肉だけじゃダメ、魚ばっかでもダメ、要はバランスなんやけどな。

やめられまへんなぁ、とんかつ(笑)。

|

2005年7月11日 (月)

土日の疲れ…

昨夜は爆睡。

昨日は5時起きで都大会、帰りは吉祥寺で先生たちと食事、家に着いたのは10時を回っとった。

土曜、日曜の疲れが出たのかも。

今日はスッキリ!てな訳にはいかず、仕事中、2、3回気絶した(笑)、居眠りで。

アカンアカンとコーヒー飲んで、冷たい水で手を洗い…。

顔もそうやけど、手を洗うだけでも随分違いますよ、昔雑誌か何かで見たんやけど。

眠くても仕事はたっぷり、ふぅふぅ言いながら、ようやく一日が終わった。

今日は早よ寝よっと。

|

2005年7月10日 (日)

都大会

P1000062.jpg朝、5時起き、8時集合で綾瀬の東京武道館に向かった。

地下鉄で、先生とバッタリ、一緒に会場に向かった。

スタッフは300人いるとのこと、こんな大規模な大会運営は初めて。

スタッフミーティングの後、持ち場に移動した。

玄関横の観覧席に向かう階段入り口。

一般より少し早く、拳士の入場が始まった。

付き添いの親御さんも、観覧席には9時30分まで入れないので、階段下でガード。

一般入場が少し早くなってしまったトラブルがあったけど、それ以外は混乱も無く順調。

大会が始まると、今度は観覧席に移動。

「ここは人が通ります、開けてくださ〜い」

「危険ですから手摺りにもたれないでくださいねー」

「走っちゃダメだよ」

いくらでも注意することはある。

その中でも、うちの拳士を二組見ることができた。

いつも道場で見かける、かわいらしい顔でなく、キリッとかっこよかった。

午前の予選は5組通過したが、残念ながら、結果発表で名前を呼ばれることはなかった。

でもみんな、大会に出たことで何かを得たコトでしょう。

それが何かはわかりません、人によって思いは違うでしょうから、ね。

来年はぜひ、アリーナにおりたいなぁ、都民大会でも書いたけど。

(*^^*)来年は黒帯…、やったらええなぁ。

|

2005年7月 9日 (土)

お手伝い

会社の先輩のお父さんがお亡くなりになって、今夜が通夜、会社からお手伝いにでることになった。

東上線の鶴瀬駅の改札正面で、札を持ってご案内。

5時からの通夜だったんで、4時半位から6時前まで立ってた。

案内する人の他に、何人かに声をかけられた。

「○○(地元の地名らしい)のMさんですか」

説明すると「あ、間違いました、失礼しました」。

自分の知り合いと同じ名字やったんやろな。

戻ってお清めを頂き、駅まで「ベンツ」(笑)で送ってもらいました。

(*^^*)いい気分。

先輩もお母さんも、明るく接してくれましたが、やはり少しお疲れの様子がうかがえました。

早く、心も体も元気を取り戻して頂きたいですね。

合掌。

|

2005年7月 8日 (金)

♪…が好き好き好っき

最近、CMで懐かしい曲が使われてます。

♪牛乳が好き好き好っき…

昔のアニメ「悟空の大冒険」の終わりの歌の替え歌ですね。

原曲は正確には「悟空が好き好き」だそうです。

もとは確か…、

♪学校が好き好き好き

勉強が好き好っき

おそうじ好き好き好き

留守番好き好っき

そ〜んなやつが悟空の大冒険を

いっぺんみたら…


この後は、あんまし定かでない。

よぉ何べんも何べんも再放送してました。

昔のアニメのエンディングでは、もう一つ好きな曲が。

♪スキ、スキ、スキスキ、

スキ、スキ、スキスキ、

アッコちゃ〜ん、アッコちゃ〜ん、

スキスキ〜ィ

はぁよ〜いと、

みたいな(笑)。


そう、「ひみつのアッコちゃん」のエンディング、そのままのタイトル「スキスキソング」です。

合いの手が入って楽しい曲デス。

早よ来いア〜ッコちゃん!

60〜70年代のアニメはまかせてくれ〜。

「テレビっこ」と呼ばれた最初の世代ですから。

あ、両方とも「好き」やなぁ。

|

2005年7月 7日 (木)

三鷹駅で

昨日の朝、JR中央線が信号故障でダイヤが大幅に乱れた。

規模が大きかったらしく、駅利用者に話聞くと笑えやん状況だったらしい。

人身事故や車両、設備故障でダイヤが乱れると、三鷹駅は色々大変。

JR中央線は三鷹から都心側が複々線、三鷹始発の千葉方面各駅停車や、地下鉄東西線の電車への乗り換え客で、普段からごった返す。

しかも、三鷹駅は中央線でバスへの乗り換え客が一番多いと何かで見たことがある。

電車同士とバスへの乗り換え客を考えると、朝夕ラッシュ時の三鷹駅の乗降客は、そうとうなモン。

三鷹駅は、階段が改札につながる一ヶ所しかないので、何か起きると、混雑に拍車がかかる。

乗り換え用のホームを連絡するだけの「橋」でもあればずいぶん違うのに。

駅ビルに入る改札も開店前で閉まってたらしい。

臨機応変に開けて、さばいたらええのに。

昨日は複々線の片方、緩行線黄色い電車の各駅停車と東西線は動いてたらしく、動いてますと放送するもんやから、都心に向かう人は皆、そちらのホームに集中、しかも黄色い電車と東西線は三鷹が終始発、電車から降りる人の流れと、乗ろうとする人の流れがぶつかって、身動きとれなかったそうです。

色々な悪条件が重なり、人が「渋滞」した。

あちこちで喧嘩も…。

ようやく電車を降りて、ホームを歩き階段を昇って改札まで40分以上(!)、また改札から南口のバス停まで、またまた40分(!)かかったそうです。

しかも道路も駅前ロータリーも渋滞、大変なコトになってたらしい。

結局、ロータリーと駅に警官が出動して人をさばいたそうです。

南口に向かうのが困難だったので、改札から北口に強制的に向かわされ、地下道経由で南口へ行かされたとも聞いた。

ワシの利用する京王線は、中央線の数キロ南側を並走する。

朝の京王線も、「JRからの振替のお客さまで大変混雑し、京王八王子からの電車に多少の遅れがでています」と放送があった。

八王子からの線路と合流する調布駅の手前で、いつもより長く電車は止められた。

三鷹でこんな大きな影響がでたのは久しぶりや。

そんなこんなで、遅い人は11時前に出社してましたよ。

京王線のワシらも含めて、何万人の人が迷惑被ったか…。

ご愁傷さまでした。

今日は大丈夫やろなぁ。

|

たなばた

携帯の画面見て気付いた、今日は7月7日、七夕です。

小学校あがる頃までは、飾りを作った記憶がありますが…。

年に一度だけ逢えるとは、ええ話なんやけど、何もこんな梅雨の時季に…、なぁ。

逢える確率低いちゅうねん。

|

2005年7月 6日 (水)

ちゃれんじ#53

月に何回か、会社の軽作業を市のシルバー人材センターにお願いしている。

チャイム鳴って速攻帰ろうとしたら、今日来てくれてたTさん(市や都のソフトボール関係ではちと有名人らしいのですが)に声をかけられた。

かくがくしかじか、今日は練習なんですよと答えた。

Tさんのお宅は、今日の練習場所の近くやとか。

そぉですかぁ、時間あったらボクのかっこいいトコ見に来てくださいよ〜(笑)と話した。

練習が始まり、例によってちびっ子を何人か教える役にまわってた時、ふと入り口の方を見ると、見たコトあるおじさんが立っとる。

ホンマにTさん、来てくれました。

立ち話で、冗談半分に言うたんやけど、ちゃんと来てくれた。

うれしいなぁ、なんとなく。

親に見られとるみたいで、なんや照れ臭いような感じもしたけど(笑)。

しばらくしたら帰ったようでした。

今度会社に来てくれたときに礼言わな。

あとで他の人に話したら、誰かのおじいさんだと思ってたそうです。

そんなこんなで、アッと言う間に時間が過ぎた。

例の見習いのお姉さん二人、先生が「来週から通常営業だからまた来てね」とふったら「よろこんで」と、どっかの居酒屋みたいな返事をしてました(笑)。

来週も楽しみ。

ちなみに、都大会は今度の日曜日デス。

|

2005年7月 5日 (火)

沸騰…

今日も数字とにらめっこ、あ〜んどAccessでちょっと作りモンのリハーサルしとったもんで、頭、沸騰してきた。

知恵熱っていうか。

普段使わへんもんで…(笑)。

早よ帰ってクールダウン!

|

2005年7月 4日 (月)

坊主刈り

昔から髪は短め。

髪が太くて多いので、少し伸びると、そりゃ大変。

爆発したみたいになる。

先日の練習で先生が、都大会の会場は熱いからさっぱり短くした方が…みたいな話をされてた。

今の子は少ないもんなぁ、坊主刈り。

たまにおるけど。

小学生でも高学年になると、少し色気がでてくるのか、嫌がる。

うちの地元の中学校は、当時、校則で「坊主刈り」って決まってた。

ワシの親は嫌がるようになる前に…、やと思うけど、一年生が二年生位に坊主刈りにさせた。

それまでは、いわゆる「坊っちゃん刈り」、その時、特に嫌がった記憶はない。

ただ、婆さんが四国へ旅行に行っとる間に「変身」したんで、親父と駅に迎えに行って、婆さんをびっくりさせよと言うコトになり、改札で急行から降りてくる婆さんを待った。

ワシを見つけた婆さんは、一瞬きょとんと固まり、直後にいつもの笑顔で歩みよった。

「ドコの子か思たやんか」

あの時の驚いた顔と、直後の笑顔は今でも鮮明に覚えとる。

それ以来、ずっと短髪デス。

|

2005年7月 3日 (日)

いいきぶン?

セブンイレブンの看板、ていうかロゴですが、気付いたことがあります。

気付いたって言うても、ずいぶん前やけど。

数字の「7」に重ねてELEVEnと書いてあるんや。

そう、ELEVEnの最後だけ小文字。

深い意味はなく、目立たせるためだそうな。

トイザらスの「ら」(英語表記のときはRの裏返し)みたいなモンですかね。

ちゃんと書けよと思てしまいます(笑)。

|

2005年7月 2日 (土)

ちゃれんじ#52

今日はビギナー小学生K君にてこずった。

「遊びたい」だの「サッカーで疲れちゃった」だの「足が痛い」だの、仕舞いには「やだ〜」…全くやる気が無い。

キレそうになったけど、ワシもいちおう大人、これも勉強と、きびしく叱り、出来たらやさしく誉めてやった。

すると現金なモンで、目の色変えてやりはじめた。

子供ってそんなモンですよね、興味向けてやるまでは結構気ぃ遣う。

顔色見てって意味やないですよ。

後半はビギナー中学生I君と一緒に練習。

ワシが言うのもナンやけど、結構巧い、覚えがええし、センスもある。

ちょっと危機感(笑)、ホンマですよ。

ワシも中学生やったら、アレくらい出来る…と思う…たぶん。

ま、一緒にがんばろや、な!

|

チャイム

学校のチャイムって、♪キーンコーンカーンコーン、ウェストミンスターの鐘が一般的。

うちの中学は、今は↑ですが、我々の頃は違ごた。

オルゴールが流れてました。

「アンダンテ」でお送りします。

♪ちゃ〜ら〜ん、ちゃららららら〜ん、ちゃららららら…

さて、何でしょう。

(--メ)解るかっっ!

正解は「トロイメライ」でした〜。

な、ちゃんと書いてあるやろ(笑)。

結構好きやったんやけどなぁ、このチャイム、いやオルゴール。

変わってしもたらしい。

携帯の着メロとかでこれを聞くと、中学生の頃が思い出されます。

一番楽しかったなぁ。

o(^^o)(o^^)o

|

2005年7月 1日 (金)

ジャズライブ

今日、先生からジャズライブのお誘いがあった。

先生のお知り合いの先生や、うちの道院に来ている小学生○君のお父さんがミュージシャンとして出られるそうです。

この○君のお父さんも、実は拳法をやっているそうですわ、世田谷の方の道院で。

最近ちょっとポッチャリしてきた、この○君、小柄でかわいらしんやわ。

練習始まる前には、小学生たちはみんなで道場を駆け回り、鬼ごっこなどをやってるのですが、よく「Hさ〜ん、隠れさせて〜」とワシの背後に隠れてたりします。

都大会に向けて、先生が手を焼く「黄帯」の一人なんですが(笑)。

去年の夏、彼のお父さんがミュージシャンとして、NHK‐BSに出たことがあった。

そのとき演奏してた「星に願いを」や「FLY ME TO THE MOON」は、テレビを通じてでも感動したもんなぁ。

ああいうふうにピアノ弾けたらかっこええなぁ。

ワシも保育園の時分に「ヤマハ音楽教室」に通ってたことがありました。

「ネコふんじゃった」位は弾けますよん、黒鍵で(笑)。

またレッスン受けてみよかな、…あかん、そうそう、ピアノ持ってまへんねん。

番組は、会社の後輩にDVDに録画してもらい、今でも時々見てます。

それが今度はライブで…、楽しみや〜!

|

訂正ッス

6/29の「ちゃれんじ#51」で訂正があります。

誤;「新しい専務が…」
正;「新しい常務が…」

(^o^;)ワシ本心が出たのかどうかは…、ノーコメント(爆)。

いとやんサン、指摘ありがとうございました。

大事トコ間違えて、皆さん、失礼しました!

|

♪街に緑を〜

電車を降りたら、駅前に「放置自転車クリーンキャンペーン」てな幟があちこちに。

「クリーンキャンペーンな…、あれ?グリーンキャンペーンてのもあったなぁ」

昔、名古屋テレビ(現メ〜テレ、らしい)が、名古屋の街中に緑を増やし、小鳥の住むきれいな街にしようと、そういうキャンペーンをやってました。

アニメのスポットCMが頻繁に流れてた。

♪…まち〜に緑を〜グリーングリーン、まちに鳥の声〜、シャララ…、みたいな

具体的にどういう活動をしてたかは、知らん(笑)。

|

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »