« 右折信号 | トップページ | ことわざ »

2005年6月17日 (金)

駆け込み乗車

中央線で、電車の閉まりかけたドアをこじ開けて乗った男性に対して、車掌が「駆け込み乗車は危険です。大けがをすることになります。それで大けがをしても、そちら(乗客)の責任です」と車内アナウンスしたと、ニュースに出とった。

別の乗客がJR東日本に抗議し、JRは「配慮がなかった」と非を認めたという。

おいおい、おかしないか、この「別の乗客」。

車掌は間違ごたコト言うとるか。

JRに抗議するようなことか。

無理やり電車のドアをこじ開けるようなヤツには、これくらい言うてええんちゃうか。

駆け込んだ野郎のせいで、10両編成の乗客全員に迷惑をかけたんやし。

ワシは車掌の肩持つわ。

昔やけど、同じようなことがありました。

近鉄で、閉まりかけたドアがまた開いて、

「6号車付近で駆け込み乗車のお客様、発車が遅れ、他の大勢のお客様にご迷惑をおかけしております。

お急ぎなのは、アナタだけではありません。

大変危険です、二度とお止めください。

これからは次の電車をお待ちください。

皆さん(関西系私鉄は皆様ではなく「ミナサン」)が気持ちよく電車をご利用いただけるよう、また定時運転にご理解、ご協力をお願いします」

てな放送を聞いた覚えがある。

毅然としててええなあ、立派な車掌やなあと思た。

東海道新幹線「のぞみ」でもよお似た放送を聴いたことがある。

抗議?思いもよらん。

いますよ、階段のそばで乗ってると、血相かえて飛び込んでくるやつ。

鏡見せたろか、と思う。

あんなん突っ込んできてぶつかったら、年寄り子どもなら怪我するで。

数分待ったら次の電車来るやん。

あわてて電車乗るなら、5分早よ出て来い、てな気になる。

こないだの「will be」やないけど、もうちょっと余裕持てませんかね、日本人。

|

« 右折信号 | トップページ | ことわざ »