« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月30日 (木)

トギセン・サンカ

今度の日曜は、東京都都議会議員選挙の投票日。

毎朝乗る駅も、降りる駅も運動員が頑張ってマス。

ポスターが斬新で、「トギセン・サンカ」と銘打って、パパイヤ鈴木が出とる、なぜか70〜80年代のディスコの香りがプンプン。

若い、いわゆる無党派層へのアピール、そして我々より少し上の「ディスコでフィーバー」世代へのアピールなんですかね。

まだテレビCMは見てません。

きっとあるはず。

晩飯食いに行く時に、向こうから拳法と縁もゆかりもありまくり、Y先生の選挙カーがやってきた。

お、合掌礼して拳法関係者やと気付いてもらおか思たら、交差点を左折してしもた(笑)。

帰りは新宿に寄り道、仕事で使うパソコン関連の本を見にいきます。

今日は一日細かい数字とにらめっこ、肩が凝り、しかもめっちゃ疲れたので、帰りは「ぷち贅沢」、永山までロマンスカーで座って帰ります。

|

2005年6月29日 (水)

ちゃれんじ#51

今日は、新しい専務が着任、業後会議室に色々並べて歓迎会がありました。

がっ、今日は練習の日、とりあえず乾杯のビール一口だけと、中トロとイクラ軍艦だけ頬張って、そこそこに抜け出しタクシーを捕まえた。

で、今日もしょっぱなは大人一人だけ、先生はやはり都大会を見るので、ワシが見習い君たちと基本練習をやった。

やっぱ難しいデスな、人の前に立つのって。

さらに今日は幼稚園位のちびっ子も居たんで…。

カワイイんやけどな。

でも最後に「今日はよく頑張ったね、楽しかった?」て聞いたら、「うん」て笑顔で答えてくれたのが救い(笑)。

後半も、新しい女性二人が加わり、“楽しく”練習。

時間がアッと言う間に…。

で、終わった後、駐車場で雑談(?)。

今後の我がホームページについて、熱く語りました(笑)。

あら、9時やん。

またまた一時間話してました。

これもアッと言う間でした。

腹減ったの忘れとった…。

急に空腹感が。

何食おかな〜。

|

2005年6月28日 (火)

もぉワヤや〜

ホームの電光掲示板、最近のはバイリンガル、日本語と英語が交互に表示される。

たまたま今度は「回送電車」、これも「not in service」とか「out of service」とか表現も色々。

京王は後者デス。

で、思い出したのが、昔本屋で立ち読みした、大阪弁の和英辞典。

阪英辞典とでも言うのかな。

これに出てた単語で「わやや」(お手上げだ、みたいな意味かな)を、どう訳してたか。

「out of control」

ぷぷぷっ!本屋で吹き出した(笑)。

わかりやすい!

買ぉといたらよかったわ。

|

2005年6月27日 (月)

リハビリ状態

先週の月曜、昼前に早退したので、結局ほぼ一週間休み。

今日はリハビリ状態やった。

嫌味の続きもあるかなと構えとったけど、なかったし。

申し訳ない気持ちはもちろんある、けど旅行に行くとか遊びやないから、ワシ自分で「悪い事」しとるとはいっこも思てないし。

明日も馬力出していかな!

|

2005年6月26日 (日)

ブルー

明日からまた仕事。

先週の月曜日に早退したんで、ほぼまるまる一週間休んだ事になる。

たまった仕事を片付けるのも憂欝やけど、チクッと嫌味も言われたんで、よけい気ぃ悪い。

何とかなるか(笑)。

そんな性格デス。

|

2005年6月25日 (土)

ちゃれんじ#50

あら、今日は50回目の練習ですわ。

もう50回か、まだ50回か。

さてさて、今日も都大会メンバーと別れて練習。

がっ、大人が二人しかいない。

先生の苦渋の選択で、ワシがまたまたビギナーちびっ子の面倒をみることに。

都大会の練習に、先生はピリピリしてるのが伝わってくる。

そこへ中学生が登場、4人を相手に基本練習。

「はい、結手。開足中段、構え!右拳より振子突き上段!構え、一!二!…」

いつも先生がやってる事、たった四人を前にしただけやけど、結構緊張しますな(笑)。

年少部が終わった時、みんなでホームページに載せる集合写真を撮影した。

フラッシュを使わない、スローシャッターやったんで、シャープさに欠ける。

すいません、横で「念のため」と平行して撮ってくれたSさん、Mさんの画像を貰う事に…(汗)。

後半は新しい技を教わったが、足の運び方がうまく行かない。

汗だくになった。

時間切れ、復習します。

さっきのMさんに、去年からのイベントの画像、CDで借りました。

明日、アップします。

今朝、三重から近鉄と新幹線を乗り継いで帰ってきたので、ひどく疲れた。

今夜は爆睡!

|

2005年6月24日 (金)

ようやく

セレモニー全て終わりました。

ふうっ、て感じです。

正直疲れました。

800人ですと、告別式だけで。

今日のワシのメインの仕事は、坊さんの送迎。

親戚の湘南ナンバーのゼロクラウンを借りました。

三重の田舎町で「湘南ナンバー」は浮きまくり(笑)。

二台で行きましたが、こちらに「偉いサン」が乗ってました。

二人の会話、行きはインターネットについて。

ウィルスバスターよりノートンが…とか、どこどこからプロバイダーをケーブルテレビに替えたとか。

イメージのギャップが…(笑)。

帰りは帰りで、カーナビに興味を示して盛り上がり(?)ました。

でも、とにかく無事に伯父を送ることができました。

明日、東京に戻ります。

来週の仕事復帰が憂欝です。

|

2005年6月23日 (木)

「集う」ということ

晩は通夜でした。

予定以上に来ていただき、返しが足りなくなるハプニングも…。

急遽補充しました。

そのように、本当に大勢の方に来ていただきました。

記帳も4列用意したのですが、ピーク時には二軒隣にまで列がつながりました。

兄弟、子、孫、甥、姪…、そして生前お世話になった方々、町内の皆さん、本当に多くの方が、お別れにきてくれました。

最後まで皆に愛され、幸せな伯父です。

さぁ、明日は告別式、多くのセレモニーの締め括りです。

|

「泣く」ということ

今朝、出棺でした。

都会とは若干順番が違うかな、この後、今夜通夜で明日が告別式。

「泣く」ということ。

棺に花を添えて、伯母が「私も行きたい…」、…涙。

選挙の公演会長が、ただ一言「無念」、…涙。

叔父が握り拳で膝を叩き「Oファミリーは明るく元気にやっていくから、大丈夫やで」、…涙。

火葬の前に長女が「お父さん、ありがとう…」、…涙。

みんな、それぞれの思いを伝え、最後のお別れ。

そのあと、梅雨空から大粒の雨が落ちてきました。

|

2005年6月22日 (水)

「送る」ということ

今日は「友引」、セレモニーができないそうで、準備だけでした。

朝から車で、あっちに走り、こっちに走り。

昼もガストでランチとドリンクバーで簡単に。

戻ったら親父や叔父達が集まって、送るセレモニーの準備をあーだこーだやってた。

坊さんに包む布施の金額、数、渡すタイミング。

知らせる案内状や礼状の枚数、返しの個数。

誰が箱を持つ、写真を持つ…。

バスの手配、坊さんを誰が迎えに行く、受付は誰と彼が…。

うちの町内ではこうや、いや俺トコはこうやる、ココの町内はどないや。

中々進まない(笑)。

微妙に違うんですよね、町内ごと、地区ごと。

でも、子、孫、親戚、隣近所、町内会の皆さんに、こうやって準備万端で「送って」もらえる伯父は幸せです。

田舎の政治家、色々な方にお世話になり、昨日、今日とすでに大勢の方がお見えになりました。

生前、ワシも色々世話になったし、ワシの事も我が子のように気を遣ってくれてた伯父です。

自分なりに出来る事を手伝って、精一杯送ってあげたいと思う。

明日朝、荼毘にふし、晩に通夜です。

|

2005年6月21日 (火)

残念ながら…

今朝10時頃、伯父が亡くなったと連絡が入った。

昨日、早退して見舞いに行った時も目は開いているが焦点が定まらず、酸素吸入器で自動的に息をしているように見えた。

血圧とかの数値も安定してきたと聞き、と少し安心して「また来るわ」と帰宅した矢先。

電話を受け、出掛けてた両親に電話を入れてすぐ帰らせた。

病院からは専用の寝台車に載せられ、伯父は帰宅した。

手伝いの手をとめ、部屋に運び入れるのを手伝った。

軽かった。

こんなに軽かったのか。

軽くなってしもたんか。

脳に腫瘍が見つかり、名大病院で手術を受け、三回目の手術以降、容体が急変したらしい。

正月に会った時、自宅で話をしたが、こちらの言うことは理解できるようだが、自分から言葉にすることができない、そんな感じだった。

その半年後、帰らぬ人となりました。

町議を一期、町長を三期務めた田舎の政治家。

精神的にしんどかったんやろと思う。

在籍中には、色々ここに書けないような事があったとも聞いています。

昨日はまだ呼吸していた人が、今日は冷たく…。

覚悟はしていましたが、ね、やっぱつらいデス。

明日が「友引」(漁師町です、けっこう気にする)、明後日が通夜、その翌日が告別式になった。

会社へ連絡したら「結構忙しいんだよね」、チクッと言われた。

こんな時やん、そんな言い方せんでもええのに。

悪いなぁ、そう思いながらも気ぃ悪くした。

結局、今週一杯は休みます。

そうそう、数日前、この伯父が持っていた「少林寺拳法」の技の写真集を、N君(ワシ)にあげてと伯母が持ってきてくれたそうです。

色々な本を読んでいた伯父、少林寺拳法にも興味があったんやろか。

いわば、伯父の形見、宝物が増えました。

母は、今夜は実家に泊まります。

|

2005年6月20日 (月)

こんなの書きたくは…

ホンマはこんなの書きたくはないのですが、松阪の病院に入院している、母の長兄の具合がよくなく、早退して見舞い(まだ今のトコ)に行きます。

ここ何日かは、電話やメールが鳴る度にドキドキしてました。

実は昨夜もよく寝てません。

深夜の地震も気付いてました。

あんまし楽しい旅ではありませんが、13時50分ののぞみで帰ります。

|

2005年6月19日 (日)

父の日

全国的に、父の日だそうです。

ニッポンのお父さん、頑張りましょうね。

家族の為に、自分の為に。

|

鏡よ鏡よ鏡さん…、

昨日の朝、起きてボーッとテレビを見てた。

情報番組で貧血のチェックをするのに、アカンベーをした時、まぶたが白いか確認するのがあった。

ゲストが手鏡を持って確認してた。

そのなかに、うつみ宮土里(字合おてます?)がおり、手鏡を持つ姿を見て、「ロンパールームやなぁ」 と思た瞬間、横にいた金村義明が「あ、ロンパールームや!」と叫んだ。

さすが(ほぼ)同年代。

するとうつみは「鏡よ鏡よ鏡さん、皆に会わせてくださいな、そおっと会わせてくださいな」とやってくれた。

なつかしいなぁ!

「○○くん、△△ちゃん、…」までワルノリ(笑)。

本物にええモン見せてもらいました。

そうそう、昔ホンマもんのロンパールームでは、名前を呼ばれた記憶がないんですわ。

わりとポピュラーな名前やのに…。

ついでに今朝も爆笑、出掛けにいいともの増刊号を見てて、テレフォンショッキングに渡辺美里が出てた。

友近に見えた…。

|

2005年6月18日 (土)

ちゃれんじ#49

今日は蒸し暑い一日、準備運動で汗だく。

都大会の練習もあるので、水曜だけのちびっ子が来てたので、いつもより子供の人数が多かったせいもあるんかな。

今日も都大会に出ない子と基本練習。

蹴りの基本ができてない事に気付いた。

繰り返し、繰り返し、これしか無いし、やってみた。

たぶん明日は筋肉痛に悩まされるカモ…。

後半はYさんに見てもらって二級技。

これも自分で納得できない部分があり、集中、集中。

技の後の連反攻、上段と中段と蹴りが連続して入るんやけど、最初の上段への準備がうまくいかへん。

右足の蹴りで終わる技に続き、そのまま右前に千鳥で入り右拳で上段、左拳で中段…といくんやけど、右前に入る時、腰が回ってしまい、左拳が出そうになる。

出そうになるのを「蓄めて」右拳を出せばよいと教わった。

あ〜、なるほど。

頭ではわかってるんやけど、体が…。

(x_x;)

子供らは、考える前に体が動く。

うらやましいわ(笑)。

そして、また駐車場で立ち話、お題は「インターネット」他。

結構、形が出来上がってきた。

技術的なことになると、深入りせず次の話題に…。

ワシのスキルばれるやん(笑)。

てなワケで、今日の練習風景を数枚撮影したので、「アルバム」に試験アップしてみます。

|

ことわざ

P1000053.jpgうちの先生がご自分のブログに、

鶏口と為るも
 牛後と為るなかれ

ということわざを「開祖が好きだった言葉」だと載せてらっしゃいました。

大きい組織のケツについてるより、小さい組織でも「長」になれ、てな意味。

中国の史記、蘇秦伝の「寧為鶏口,無為牛後」ですな。

よお読まんけど(笑)。

え?博学?よぉ知っとるなぁ?

いま駅前まで買い物に来たので、ついでに本屋で調べたんさ(笑)。

ええ言葉です、覚えときます。

こないだは「流汗悟道」と載せてはりました。

読んで字のごとく、ですわ。

これも覚えときます。

今日は梅雨の晴れ間、いつものタリーズでひと休み、ひと休みっす。

|

2005年6月17日 (金)

駆け込み乗車

中央線で、電車の閉まりかけたドアをこじ開けて乗った男性に対して、車掌が「駆け込み乗車は危険です。大けがをすることになります。それで大けがをしても、そちら(乗客)の責任です」と車内アナウンスしたと、ニュースに出とった。

別の乗客がJR東日本に抗議し、JRは「配慮がなかった」と非を認めたという。

おいおい、おかしないか、この「別の乗客」。

車掌は間違ごたコト言うとるか。

JRに抗議するようなことか。

無理やり電車のドアをこじ開けるようなヤツには、これくらい言うてええんちゃうか。

駆け込んだ野郎のせいで、10両編成の乗客全員に迷惑をかけたんやし。

ワシは車掌の肩持つわ。

昔やけど、同じようなことがありました。

近鉄で、閉まりかけたドアがまた開いて、

「6号車付近で駆け込み乗車のお客様、発車が遅れ、他の大勢のお客様にご迷惑をおかけしております。

お急ぎなのは、アナタだけではありません。

大変危険です、二度とお止めください。

これからは次の電車をお待ちください。

皆さん(関西系私鉄は皆様ではなく「ミナサン」)が気持ちよく電車をご利用いただけるよう、また定時運転にご理解、ご協力をお願いします」

てな放送を聞いた覚えがある。

毅然としててええなあ、立派な車掌やなあと思た。

東海道新幹線「のぞみ」でもよお似た放送を聴いたことがある。

抗議?思いもよらん。

いますよ、階段のそばで乗ってると、血相かえて飛び込んでくるやつ。

鏡見せたろか、と思う。

あんなん突っ込んできてぶつかったら、年寄り子どもなら怪我するで。

数分待ったら次の電車来るやん。

あわてて電車乗るなら、5分早よ出て来い、てな気になる。

こないだの「will be」やないけど、もうちょっと余裕持てませんかね、日本人。

|

右折信号

右折レーンの車をさばくのに、右折矢印の補助信号を使うトコ多いですよね。

大きい交差点には、ほとんど付いてます。

青から黄に変わり「→」が点き、その後です。

昔はそのまますぐ赤になってましたが、最近はもう一度「黄」が点灯してから赤になるパターンもあります。

ま、どっちゃでも構いませんが、同じ通りで、しかも隣接する交差点ちゅうか信号で違いがあるのは、混乱しませんか。

浅草通りに確かあったような。

地元の尾根幹線、略してオネカンには青が点灯せずに三方向(直進と左右、当然やけど)の矢印補助信号で賄う所が多いんですわ。

直進と左が点いて、黄、右、で赤。

この使い方、直進と左の矢印、意味が無い。

時差式でも無いんですよ。

ま、ええか(笑)。

LEDの信号機、歩行者用のも増えてきました。

電球式よりはるかに見やすいデスな。

|

2005年6月16日 (木)

よいニュース

海の向こうから、昨日今日と続けてよいニュースが。

イチローのメジャー1000本安打、そして野茂の日米通算200勝。

コレくらいしか「ええニュース」って無いもんなぁ、ここんとこ。

そおいえば、野球見やへんようになったなあ。

スカパーも解約したし。

もともとチューナもタダやったし、ええんやけど。

最近ジャマ、アンテナとチューナ(笑)。

|

2005年6月15日 (水)

ちゃれんじ#48

雨が降って欝陶しい日、こんな日は練習でストレス発散!

と言うコトで、チャイムと同時に会社を出て、タクシーで道場に向かった。

「三鷹武道館行ってください」

中々一発で分かってくれるドライバーは少ない。

道順を説明し終わると、ドライバー氏は、

「柔道か何かやってらっしゃるのですか」

どうやら一般的なそのように映るらしい、ワシ。

ちゃんと説明しときました。

今日も都大会の練習を本格的にやってました。

出ない子たちは、その横でYさんの指導のもと基本練習、ワシも半分お手伝い。

年少部の練習が終わりかけた頃、見慣れない人影が…、こないだの見学希望の女性が二人やってきました。

で、後半の練習をご一緒した。

やっぱええよなあ、女性が多いと。

(*^^*)華やかデス。

で、練習終わってから、先生とSさんと喫茶店でホームページの打合せ。

結構見てくれとるようですな。

ええこっちゃ(笑)。

先生の「独り言」、評判ええんですわ。

で、今後どう運営するか、小一時間話し込んだ。

せっかく作ったんやし、皆さんに見てもろて、有効活用せなあかん。

と言うワケで、帰ったらまたまた情報をアップします。

|

2005年6月14日 (火)

ゆるいカーヴで…

ここんとこ通勤のBGMは、ユーミン。

なかでも昔から大好きなのが「埠頭を渡る風」。

30年も前の曲とは思えない「今風」、多分これまでず〜っと、その時代時代に溶け込んでたはず、そしてこれからも。

アレンジも全然古くさくなく、めっちゃかっこええし。

きっと旦那の編曲でしょう。

ワシ的には、ユーミンや佐野元春などは、時代に流されない、流行を追わない、そんなポリシーがあるのかも知れない、と思う。

だからいつ聴いても新鮮なトコが気に入ってるんやと思う。

いつも通勤用に持ち歩く曲達に、数曲ずつ入ってる理由がコレかも知れない。

今日「埠頭を渡る風」を聴いててそう思た。

|

2005年6月13日 (月)

電車の遅延

日本での電車の平均遅延時間は、新幹線で0.3分、在来線でも1.0分だそうです。

何かと取り沙汰されますが、世界的に見ても「超」正確。

日本では改札付近やホームに電光掲示で、何時何分、種別、行き先、停車駅がスクロールしてきたり、どこどこまで先に到着、特急に接続など情報が「これでもか」と表示されます。

ニューヨークのグランドセントラル駅、日本では東京駅にあたるかな、ここでは電光表示はあるらしいのですが、何時何分ではなく、「will be」(そのうちやってくる)だそうです。

テキトー(笑)。

日本人から見ると笑ってしまいます。

でも、出掛ける時に携帯で乗り換え経路と時刻を調べたり、駅の電光掲示を見て「次の各駅乗って途中で特急に乗り換えるか、それともその後の急行に座って行くか」なんて考える方が、向こうから見たら滑稽なんでしょうね。

国民性、お国柄、ですませるのかなぁ。

|

2005年6月12日 (日)

野球部定期戦

母校の三重県立宇治山田高校と伊勢高校、数年前まで学校群制度により入試時にはひとつの学校とみなされ、合格者を二校に振り分ける制度がありました。

ですから、合格発表までどちらの学校に行くのか分からないんです。

伊勢高校の近所に住んでても、宇治山田高校に振り分けられれば自転車通学を余儀なくされるなどの弊害(?)がありました。

他にも色々な問題があったのでしょう、数年前に廃止されたようです。

第三学校群、通称「三群」と呼ばれてた両校は、やはり交流が深く、共同で行う行事もあったように記憶してます。

その中のひとつ、硬式野球部の定期戦があります。

市営球場で開催されるこの定期戦、昨日、雨の中開催されたそうです。

初回に山高が4点を先制し、徐々に追い上げた伊勢高が5回裏に一挙4点を挙げ逆転、六回表の終了時点で雨が激しくなったため、7-6で伊勢が雨天コールド勝ちした。

知らなかったのですが、対戦成績、これで21勝21敗のタイになったらしい。

一応、進学校、山高はどこどこ大学に何人合格した、○○地区では伊勢高の方が評判が良いなど、とかく比較されてしまう両校ですが、やはり良い意味での結びつきを維持し、このような交流が続いて欲しいです。

|

電車の色

桑名から大垣に向かう近鉄の支線、養老線で電車の塗装を昔のタイプに戻してるそうです。

子供の頃の近鉄電車は、特急電車以外は赤(海老茶に近い、鉄道雑誌にはマルーンて書いてある)一色でしたが、高校の通学に使う頃、白い帯が入り、今のパターンになりました。

その頃はすごく違和感がありましたが、慣れとは恐ろしく、赤単色の近鉄電車には今、違和感をもちます。

でもそれと合わせて懐かしさも。

松阪からの大阪線区間快速急行は「シリーズ21」、明るいグレー主体の車両もあったりします。

特急電車もオレンジに紺の帯以外にも、今はまさに「色々」。

JRも国鉄時代のディーゼルはベージュに赤の線ばっかりでしたが、今はステンレスに東海カラーのオレンジの線の入ったものが主流。

昭和30年代頃までの国電はチョコレートカラーの暗く、重たいイメージでしたが、その後緑、橙、黄と路線別に明るい色の電車がでてきましたね。

これから先はどうなんでしょうね。

|

2005年6月11日 (土)

ちゃれんじ#47

今日は、練習を初めて丁度一年になります。

ある意味、記念日。

今日も都大会に出る子達は、有段者が付いてみっちりやってました。

ワシらはその横で、基本練習。

何度も書いてますが、人の悪いトコはよお見えるんやけど、自分のはね…。

年少が終わって先生がホームページの話をした。

お知らせを載せるので、おうちの人に見てと伝えてくださいと。

情報を全部載っけるので、先生に問い合わせする前にホームページを見てくれるようになると、先生も楽でしょうからね。

後半も同じような練習をした。

やはり3級技の復習、ちょっと高段者アレンジで(笑)。

やはり帰りぎわ、また先生を含め数人でホームページの話で盛り上がった。

気が付くと、駐車場で一時間立ち話(笑)。

結構仲間内では好評でよかった。

早く年少の父兄に浸透してほしいです。

|

2005年6月10日 (金)

雨の日のバス

遅延しすぎ!

たいがいにせぇ。

雨降りのためバス通勤。

帰り19時19分のバスを10分前位から待ってた。

ワシが先頭やったんで、直前のバスが遅れてて行ったばっかのようや。

19分過ぎても来ない。

雨降りやし少々遅れとるんやろ。

その後32分発なんやけど、これを過ぎても来ない。

(--メ)遅いのぉ〜。

来るバス来るバス「鷹55」。

その後45分発なんやけど、これを過ぎても来ない。

バス停は屋根があるけど、強い風に吹かれた雨で濡れるし…。

ええかげん腹立ってきた。
よーおやく「吉14」が来た。

予想どおり超満員、途中3台分の客を乗せて来とるんやもん。

今までのバス通勤の経験から、こんな時は二三台続けてバスが来る、はず。

前にも書いたけど、雪の日などはこのパターン。

満員のバスを見送った。

同じ考えがもう一人、同じバス停におった。

5分後に来たバスに、やっと乗り込み、ワシともう一人の彼と座って帰った。

でも東京って、雪にも雨にも弱いなぁ…。

今日梅雨入りした東京、ひどい目にあいました。

|

2005年6月 9日 (木)

ホームページ

昨日もちらっと書きましたが、うちの道院のホームページ、好評です。

自画自賛(笑)。

先輩が作ってくれたモノに、ワシが集めてきたツール、しかも既製品をリンクしただけなんですが…。

ま、連絡事項や予定などが携帯からでも確認できるのは、「使える」かな、と思います。

メンバーの皆さんに活用してもらわな。

|

2005年6月 8日 (水)

ちゃれんじ#46

今日も都大会に出る子とそうでない子に別れての練習。

中学生とワシで「出ない子」の面倒をみました。

始めて間もないちびっ子を今日は中学生が見てくれました。

やはり悪戦苦闘、してました。

な、大変やろ(笑)。

人に教えるのも自分の勉強にもなるしな。

ワシは偉そうにその間を見て回ってました。

後半は見習いのビギナー中学生の相手、またまた復習モードです。

練習終って帰ろうとすると、またもや入門希望者が表で待ってた。

聞くとこによると、前にやってたらしく、二年のブランクはあるものの、二段だそうです。

一般の部が少ないので、ぜひ仲間に入ってほしいですな。

その後、道院のホームページの話で盛り上がった。

やはり「Hさん詳しいから」という事で、ワシが「ホームページ」担当になっちゃいました。

嫌いやないんで、喜んで引き受けた。

今日帰ったら、さっそく来月の練習予定をアップします。

|

2005年6月 7日 (火)

タイムカプセル

昨日、小学校のことを書きました。

この新校舎建設の記念行事としてタイムカプセルを埋めました。

オレンジ色の直径3M位の球状の本格的なものでした。

我々の学年が「ひのえうま」で他学年より少なく、40人の二クラスでしたが、他の各学年は三クラスあったので、これくらいのが必要だったんでしょうね。

「50年後に開ける」とのコトでした。

児童は絵や作文、学校側は振り子の付いた柱時計やシラスを捕る漁具等を入れてたのを覚えてます。

中には新聞記事のスクラップブックを入れたヤツもいました。

開けたときに貴重な資料となるでしょうな。

何が貼ってあるかわからんけど(笑)。

ワシは、何を入れるか大いに悩み、上のスクラップブックみたいな妙案がでなかったので、平凡に詩か作文を書いたような記憶があります。

多分、開けたときは顔が真っ赤になるくらい恥ずかしいんでしょうな。

あれから既に30年程が経ちます。

あと20年位、我々が61歳になったとき、このタイムカプセルが開けられ、中から「昭和52年の風」が出てきます。

|

2005年6月 6日 (月)

センダンの木

テレビで小学校の同窓会うんぬん、とやってて、地元の小学校の事を思い出した。

五年生の時に新校舎が出来るまで、グラウンドの隅に「センダンの木」と呼んだ大木があった。

「センダン」て木の種類なのか、愛称なのか今だにわからない。

この木は、日立のCMの「この木何の木…」みたいな形、だったように記憶している。

ハワイにあるそうですが、あんなに大きくはない。

でも、簡単に木登り出来るような大きさでもなく、幹まわりは子供二三人手をつないで一回りくらいでしたね。

その大きな木陰には、タイヤを半分埋めた遊具(?)とか、丸太を何本も間隔を開けて埋めてその上を飛んで渡る遊具(これも?)があり、休み時間にはみんな集まってました。

以前は三階建て一棟と木造二階建て二棟でしたが、木造二棟を取り壊し、同じく三階建てに立て替え、各階にデパートやスーパーのA館B館を結ぶブリッジのようなモノがついた大きな校舎になりました。

新校舎の一部にかかるとの事で切り倒すと聞き、写真に撮った覚えがある。

校舎がきれいになる嬉しさと、両親が通った時分から既にあった歴史を知る大木を切る淋しさみたいなのがあったんでしょうかね。

新校舎建設の二年前に創立百周年だったので、そろそろ創立百三十年になりますな。

今は国道を走る車から見るだけですが、一度尋ねてみたくなりました。

|

2005年6月 5日 (日)

お出かけ日和

昨日の土砂降りがウソみたい、快晴の日曜日。

風も乾いていて心地よく、今日みたいな日は出掛けないのはもったいない。

とはいえ、行くトコなんて別にないので、駅までチャリ、新宿まで出ることにしました。

用事も買い物もなし、ただぶら〜っと。

いつもは特急と急行で帰ってくるのですが、今日は時間をかけて各駅停車、のんびりのんびりデス。

たまにはええなぁ、各停も。

|

2005年6月 4日 (土)

バーベキュー

88ea739c.JPG課内イベントで、山梨道志村までバーベキューをしに行ってきました。

2台のレンタカーと1台の自家用、3台で出かけました。

行きも帰りも運転手、借りたステップワゴンは広々と結構使い勝手もよく、運転もしやすかったデス。

町を抜けて山が近づくにつれ、空模様が怪しくなってきましたが、現地についたら、あら、快晴。

暑いくらいでした。

早速火を起こしてバーベキュー、さらに携帯コンロで「てんぷら」。

外で食べるてんぷらも中々よかったですよ。

食後、多摩川の支流道志川の更に支流、大きな岩がごろごろ転がる所で、Tシャツ脱いで日光浴。

ザワザワと川の流れる音が、妙に心地よく、しばらく寝てました。

マイナスイオンたっぷり、みたいな。

焼きそばの気配を感じ、戻ると丁度出来てました。

いくらでも入りますね。

最後はこの清流で冷やしていたスイカ。

ん〜、たまには自然の中へ身を置かないとだめですね。

リフレッシュして帰ってきました。

帰りに道の駅でソフトクリームを食べた。

ほぼ全員が食べたんじゃないかな。

道の駅やSAなどでは、必ずと言っていいほどソフトクリームを買うてしまいます。

自分だけじゃないみたいやけど。

帰り、橋本まで戻ったら土砂降り!

土曜夕方の混雑と重なって、大渋滞。

進むことは進むけど、超スローペース。

ニュータウン通りをカーナビの姉やんは指示しましたが、多摩センターで尾根幹に抜け、200円払って稲城大橋、車返団地から人見街道を回り、出発地点の会社へ戻りました。

それから千歳烏山まで車を返しに行った。

疲れたけど、充実した日でした。

皆、口をそろえて「いいとこだね、また来ようね」。

|

2005年6月 3日 (金)

買い出し

明日は課内のイベントで、山梨道志村までバーベキューしに行きます。

で、今日業後に買い出し。

十二、三人で飲み物除いた食材が壱万七阡円也。

明日はミニバンのレンタカーを二台、ワシ往復とも運転手デス。

明日またココに様子を載せます。

予報では大丈夫そうやけど、降らないコトを祈ります。

|

2005年6月 2日 (木)

卵がっ!

立つんですよ、生卵。

こないだの「ちびまる子」でもやってましたね。

ゆで卵でもなければ、塩を敷くワケでもありません。

やり方ですが、水平なテーブルに生卵を両手で支えて立たせます。

そして卵のてっぺんからテーブルに「太い鉄の芯」が突き刺さってると想像します。

鉄芯を信じて手を離すと、ね。

だまされたと思って…。

「チェッ、ホンマにだまされたよ」

いやいや、信じてやってみてください。

ほら、ね(笑)。

|

2005年6月 1日 (水)

ちゃれんじ#45

今日の前半は、大人が先生とワシしかおらず、大変やった。

しかもビギナーのちびっ子が三人、先生がカバーできない分をリカバリー。

なので先生も考えて、いつもと違うメニューにしてたようです。

後半に入る前、年少部が終わった時に、こないだ取り寄せた「ドラえもんせんべい伊勢えび味」を配った。

しかし!

中身が小分けされてない、チップス状のせんべい。

持っていったマンションのでっかい新聞広告を引いて取らせたんやけど…あかん、こぼすこぼす。

予想はしとったけど、掃除が大変(笑)。

しゃあないしなぁ、これしか無かったんやし。

でも、ちと反省やな。

子供らには結構人気でしたけどね。

ドラえもんが伊勢海老の被りモンしたおまけのストラップも中学生に大人気やったし。

ま、良しとするか。

あ、そうそう、今日本部から三級の合格証書が届き、皆の前で先生からいただきました。

(^^)v

|

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »